2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 大根
CATEGORY ≫ 大根
       次ページ ≫

葉大根と小松菜の収穫

5月27日にタネ蒔きした、葉大根と小松菜です


タネ蒔きして1ヶ月・・・葉が繁ってきましたので

fc2blog_20160630201240e35.jpg



収穫しました~♪

fc2blog_20160630201256bd0.jpg




栽培方法は・・・


① 水切りカゴとコットンを用意

fc2blog_20160630203106f3c.jpg



② 液体肥料を入れた水切りカゴに、コットンを敷き詰める


③ コットンにタネ蒔きをして、保湿のためティッシュペーパーを1枚被せる。


④ 太陽光の当たる室内に置く (今回はサンルームで栽培)


⑤ 液体肥料がなくならないよう、適宜補充する


コットンには藻が発生しましたが、生長には影響なかったようです~



水耕栽培ランキングへ


水耕栽培 肥料 ハイポニカ 500mL液体 <協和>
価格:1526円(税込、送料無料)


スポンサーサイト

葉大根と小松菜のタネ蒔き

葉大根用のタネ蒔きをしようとしたら・・・


ダイソーで購入した一袋50円の「春大根」のタネが、思ったより少なかったので


小松菜のタネも一緒に蒔きました。

fc2blog_2016052718483448c.jpg



しかし、大根のタネは嫌光性種子で、小松菜は好光性種子・・・


そこで、大根のタネにはアルミホイルで遮光して、サンルームに置きました。

fc2blog_201605271848519a2.jpg



水耕栽培ランキングへ



葉大根のタネ蒔き結果

葉大根用にタネ蒔きして約1ヶ月・・・





ちょうどいい大きさになったので、収穫しました(*^^*)





培地に使用したのは、厚さ3センチのダイソーのスポンジ





葉大根のタネ蒔きで、この一枚のスポンジにタネ蒔き用の切り目を入れて


プラスチック容器に敷き詰め使用したのですが


うまく水を吸収できなかったようで、ほとんど発芽しませんでした・・・


サイズ調節で、カットしたスポンジを合わせたところからは発芽したので


次回からは


スポンジを3センチ幅にカットしてから、プラスチック容器に敷き詰め


スポンジとスポンジの隙間にタネ蒔きしたら良さそうです



人気ブログランキングへ
ぽちっと応援お願いします

葉大根のタネ蒔き

葉大根のタネ蒔きをしました


その方法は、まずスポンジを水切りカゴの大きさにカットし、タネ蒔き用の切り目を入れ





大根「三太郎」のタネを





切り目に植えました。





水切りカゴにスポンジをセットしたら、液体肥料(ハイポニカ)をたっぷり浸し





ダンボールで遮光し、キッチンの窓辺に置きました





収穫は、1ヶ月後の予定です(*^^*)



人気ブログランキングへ
大型の台風19号が四国地方を通過中のため暴風雨です ぽちっと応援お願いします

液肥巡回式装置の大根もベト病

自作した液肥巡回式装置で、サラダ大根を育てています(^∇^)





この苗は、1ヶ月前にペットボトル大根から移植したものですが


そのペットボトル大根に、ベト病が発生したので


もしや~(・・?))


と思って見たら、根元に黄色い葉ができ





少し大きくなってきた大根は、黒く変色してました( ̄◇ ̄;)





んー


やはり、こちらもベト病に感染しているようですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ


せっかく大きく育ってきましたが、病気なら仕方ありません。


撤収しました


なお、ベト病については、ペットボトル大根にベト病に書いています(^^)v





山の景色です 新緑がとてもキレイで、思わず見とれてしまいました(*^^*)






人気ブログランキング 水耕栽培へ

バーミキュライトの葉大根

葉大根としてタネ蒔きした大根三太郎です(^∇^)





1ヶ月経ったので収穫しました(*^^*)


青々とした葉が美味しそう~♪





タネ蒔き方法は、大根の水耕栽培⑧葉大根のタネ蒔き方法で紹介しています(^◇^)



人気ブログランキング 水耕栽培へ


ペットボトル大根にベト病

ペットボトル大根に2回目挑戦中~♪でしたが


最近、大根の葉が黄色くなってきました( ̄◇ ̄;)





そのうえ、葉の一部にグレーの斑紋ができています。ベト病でしょうか~(・・?))





根元の大根は、一見キレイですが





タネ蒔きしたスポンジで覆われていたところが黒く変色していました( ̄▽ ̄)





んー


残念ですが、2回目のペットボトル大根はベト病に感染したため、終了します


そういえば


2ヶ月前、1回目のペットボトル大根にも同じような症状があったので


今思えばベト病に感染していたようです。


ダブルショック・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ





*ベト病について*


❶症状


根と藻に発生する


葉は、初め輪郭不明瞭な黄緑色、後に多角形、灰白色の斑紋を形成


病斑の裏側に白色粉状の菌叢を生じる…これは本病を識別する決め手になる


根は、黒色の入れ墨症状になる


❷発生のしくみ


病原は糸状菌(カビ)であり、周年アブラナ科に寄生している。


大根や他の宿主上に、菌糸や卵胞子の形で越冬し


発生適温になると、胞子のうを形成し、以後は空気感染で広がる。


発生適温は20℃と比較的冷涼で、多湿な条件下で多発する


❸防ぎ方


連作を避ける


被害残さを放置しない


防除は発生初期からの銅剤(サンボルドー)が有効


参考文献: 「野菜前線ータキイ種苗」ダイコンべと病・・・ありがとうございました(^◇^)



人気ブログランキング 水耕栽培へ

葉大根の収穫

室内で育てている大根です(^∇^)





3ヶ月経って、葉は大分大きくなりました





根を見たら、根毛という非常に細い毛のような根が束になっていて





その根毛を取り除いたら、5センチのミニ大根が出てきました♪( ´▽`) カワイイ~♪





栽培方法は


1月末にタネ蒔きして


芽がでたら、深さ8センチのプラスチック容器に定植し、窓辺に置きました


その後、葉が大きくなってから、液体肥料のハイポニカを一回補充してます(^◇^)





今日の収穫~♪

上の写真のミニ大根つき葉大根と





チマサンチュです(*^^*)






人気ブログランキング 水耕栽培へ


大根の水耕栽培⑨液肥巡回式装置

1月末にタネ蒔きした、ペットボトル大根が大きくなって





根が伸びてきたので~





一部を、液肥巡回式装置に植え替えました(^∇^)





液肥巡回式装置は、定植する穴から液体肥料の水面まで5センチあるので


ある程度苗を大きくして、根が伸びてから植えるようにしてます。





定植したなかに、すでに大根の形になってるものがありました


このままスポンジの上で大きくなってほしいな~(*^^*)







下の写真は、4日前に大根の水耕栽培⑧葉大根のタネ蒔き方法 でタネ蒔きした大根です


タネの袋には発芽日数3~5日とあったので、順調に発芽したようです(^^)v




大根の水耕栽培⑧葉大根のタネ蒔き方法

葉大根用にタネ蒔きして2ヶ月経ち、葉が20センチになったので~





収穫しました(*^^*)





そして~


また2ヶ月後に収穫できるようタネ蒔きしました


そのタネ蒔き方法を紹介します(^◇^)


①葉大根を植えていたダイソーの水切りカゴを洗いました。





この水切りカゴの受けの方には、藻の発生予防のため遮光してます。


下の写真は遮光処置をした様子です。アルミホイルを巻きその上から保護してます。





②遮光処置をした容器に液体肥料を入れました。液体肥料は水耕栽培用のハイポニカを使ってます。





③水切りカゴに不織布を被せました。これはバーミキュライトが下に落ちないようにするためです。





④不織布の上にバーミキュライトを薄く敷きました。これは遮光とタネの保湿のためです。


水切りカゴの容器を重ねたら、バーミキュライトに液体肥料が染み出てきました。





⑤タネを用意して





バーミキュライトにバラ蒔きしました。





⑥いつもは、タネの遮光のためバーミキュライトを軽くかけるのですが


家にあったバーミキュライトが少なく、敷く方に使い切ってしまったので


アルミホイルを被せました。芽が出たらアルミホイルを除去します。





⑦窓辺に置いたら終了です~♪


後の管理は、適宜液体肥料を補充するだけ(^^)v


放置しすぎて、つい液体肥料切れになってしまうことがあるので注意しましょう(^∇^)