2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 四方山(よもやま)話
CATEGORY ≫ 四方山(よもやま)話
       次ページ ≫

大人の休日「奥祖谷観光周遊モノレール」

8月18日(金)


徳島県三好市東祖谷にある「奥祖谷観光周遊モノレール」に行ってきました。


11:45 「いやしの温泉郷ホテル三嶺」の駐車場に到着~♪

fc2blog_201710161850320b8.jpg



平日でしたが、けっこう観光客がいて1時間まちでした。


料金は、一般2000円 小学生800円 小学生未満無料  ペット不可


カブトムシの形をしたトロッコに乗って、出発~♪

fc2blog_201710161850515fa.jpg



森林の中を65分のモノレールの旅       延長4.6キロ  

fc2blog_20171016193043e5c.jpg



スピードはゆっくりですが、どんどん上っていきます。     高低差590メートル

fc2blog_20171016185111a51.jpg
  


「100メートル先、最高地点です」の案内板あり    

fc2blog_20171016185139c13.jpg



最高地点は標高1380メートル  景色がよく見えるように伐採してあり

fc2blog_20171016185200981.jpg



剣山系の山々を見渡すことができました。左から塔の丸→剣山(頂上は雲隠れ)→次郎笈→丸石

fc2blog_20171016185219933.jpg



トロッコは止まることなく、ゆっくりと下山開始・・・

fc2blog_201710161852457a6.jpg



美しい景色にみとれていると

fc2blog_201710161853119e0.jpg



上りのトロッコ発見!!   

fc2blog_20171016185334293.jpg



最大傾斜40度   なかなかスリルがあり、登山気分も味わえて楽しかったです(*^^*)

fc2blog_20171016185359654.jpg




水耕栽培ランキング


スポンサーサイト

山梨県立富士湧水の里水族館

7月30日(日)


昨日から雨が降り続き・・・富士山は雲隠れ(=o=;)


それでも、ドライブがてら富士スバルラインを通って、富士山5合目まで行こうと思ったのですが~


7月10日~9月10日までマイカー規制中とのことで断念


シャトルバスは出ていましたが、景色は望めそうもなかったので乗り気になれず・・・


次の目的地 「山梨県立富士湧水の里水族館」へ   


10:00 駐車場に到着~♪

fc2blog_201710052002415c2.jpg



チョウザメや       

fc2blog_20171005200302dc4.jpg



イワナなど、美しい川魚たちを

fc2blog_20171005200414ab7.jpg



のんびり観賞しました。

fc2blog_20171005202222437.jpg



そして


一路徳島へ・・・帰りは、中央自動車道→名神高速道路→神戸淡路鳴門自動車道     

fc2blog_20171005200521fb5.jpg



途中から晴れてきて、快適なドライブ~♪


移動日を含めて3泊4日    走行距離1700キロの長旅でした




水耕栽培ランキング


溶岩洞窟「富岳風穴」

7月29日(土)


鳴沢氷穴から、富岳風穴(ふがくふうけつ)へ


16:20 駐車場に到着~♪


最初は、うっそうとした青木ケ原樹海の道を通っていきます。  

fc2blog_20171004190746542.jpg



「ガス孔の跡」や         溶岩の表面が固まった後、地中に含まれたガスが抜けてできた

fc2blog_20171004190807365.jpg



「樹海特有の露出する樹木の根」などを見ながら      溶岩の上に土が数センチしかないため

fc2blog_2017100419082656b.jpg



入口へ     人影なく、ちょっと不気味(=o=;)

fc2blog_20171004190847906.jpg



中には、「氷柱」や

fc2blog_201710041909054bd.jpg



蚕の卵の貯蔵に使われていたという「天然冷蔵庫」などがありました。

fc2blog_20171004190927079.jpg



なんで蚕の卵を貯蔵するのだろう??と思ったら~

fc2blog_2017100419094619d.jpg



蚕蛾が生んだ蚕の卵は、暖かくなり始める春頃にふ化しますが・・・


平均気温3℃の洞窟内に蚕の卵を保管して、ふ化のタイミングをずらすことにより


養蚕の回数が年1~2回から3~4回も可能となり、絹の生産が飛躍的に高まったそうです。


明治中頃から昭和30年ぐらいまで、冷蔵庫のない時代に自然をうまく利用したんですね~




富岳風穴」について


富岳風穴は、富士山周辺に数多くある風穴の一つ。
これらの風穴は、864年富士山の側火山「長尾山」が噴火した際に流れ出た溶岩が冷えて固まる際に出来上がったといわれている。流出した溶岩の外側がさめて収縮する際、内部はまだ高熱の流動体であるために、溶岩に含まれるガスが圧力差によって表面の弱い所を押し破って外に吹き出し空洞ができた。これが冷えて固まったものが風穴である。
風穴の壁の玄武岩質が音を吸収する性質をもっているため、内部は不思議と音が反響しないのも特徴。




その後、富士河口湖近くのペンションへ    泊  

fc2blog_201710041910036cb.jpg





水耕栽培ランキング


鳴沢氷穴(なるさわひょうけつ)

7月29日(土)


新江ノ島水族館から、山梨県へ     途中から雨になりました(=o=;)


15:45 「鳴沢氷穴」に到着~♪

fc2blog_2017100222020936e.jpg



ヘルメットを被って、洞窟内へ

fc2blog_20171002220004efa.jpg



滑らないかとヒヤヒヤしながら

fc2blog_20171002220027fba.jpg



どんどん階段を下りていきます。

fc2blog_20171002220050d6c.jpg



洞窟内の気温0度    真夏なのに氷が残っているなんて不思議だなーと思いながら

fc2blog_20171002220109a4a.jpg



地下21メートルにある「氷柱」へ

fc2blog_2017100222012747a.jpg



美しい

fc2blog_20171002220150d28.jpg




鳴沢氷穴」について


鳴沢氷穴は青木ヶ原樹海の東の入口に位置し、年間を通して観光客がたえず富士五湖観光のひとつに数えられています。今から1150年以上前の貞観6年(864)富士山の側火山長尾山の噴火の際、古い寄生火山の間を灼熱に焼けた溶岩流(青木ヶ原丸尾)が流れ下ってできたのが、この二つのトンネル式になった洞窟です。



なぜ氷が溶けずに残っているかについては・・・「おしえて!Goo」に

氷穴のあるのは北側斜面で、原始林が残っており直射日光が当たらないので、夏でも基本的に温度が低いです。
また、富士山周辺の溶岩は、穴だらけで南側の白糸の滝でも分かるように、地下水が豊富です。この地下水は何処から来るのでしょうか?実は富士山に降った雪解け水が水源です。
ですから、No2の方の研究論文の氷室説のように、富士山頂付近の地下から、雪解け水の流れが氷穴・風穴の付近に流れているはずです。
この水は、富士山に雪が残っている限りほとんど0度近い温度のはずですから、水脈に接した岩石も0度近くまで冷やされています。
7月になって、北側斜面の雪が消えても、かなりの期間は0度に近い温度を保つはずですし、8月の終わりには富士山は初雪が降りますから、氷穴の内部で凍った氷はなかなか解けないと思います。
春のうちに、山頂付近の北側斜面に雪がない状態となれば、氷穴の氷もとけるかもしれません。


とありました。 下の案内図 矢印のところが「鳴沢氷穴」です。

fc2blog_201710022210197d2.jpg




水耕栽培ランキング


新江ノ島水族館

東京に用事があったので・・・  ついでに観光をしてきました!!


7月29日(土)


高徳院の「鎌倉大仏」のお参り後・・・新江ノ島水族館へ


10:50 到着~♪  


正面は相模湾で、西側には富士山が見えるそうですが、あいにくの曇りで見えず(=o=;) 

fc2blog_201709301333331ce.jpg



館内には、たくさんの魚が展示されていましたが・・・


なかでも「相模湾大水槽」の

fc2blog_20170930133439555.jpg



8000匹のマイワシの集団行動がとてもキレイで、迫力がありました

fc2blog_20170930133423d41.jpg



クラゲのショーは神秘的

fc2blog_201709301335121f8.jpg



ふと見かけた、ウミガメの餌やりと

fc2blog_201709301335460a7.jpg



ショーの出番を待つイルカたちは、可愛かったです(*˘︶˘*).。.:*♡

fc2blog_2017093013352838a.jpg




水耕栽培ランキング


高徳院の「鎌倉大仏」

7月29日(土)


旅館で一泊して・・・高徳院近くの有料駐車場へ


9:20 山門をくぐり

fc2blog_20170925132554686.jpg



境内へ     正面に見えるのは、高徳院の本尊「阿弥陀如来像」

fc2blog_201709251323594bd.jpg



通称「鎌倉大仏」  高さ約11.39メートル(台座を含めると約13.35メートル)、重量は約121トン

fc2blog_20170925132422781.jpg



大きくて、優しいお姿に

fc2blog_201709252311167f1.jpg



癒されました(*˘︶˘*).。.:*♡

fc2blog_20170925132503b2d.jpg



中は空洞になっていて見学できます。

fc2blog_2017092513252035c.jpg



胎内の説明

fc2blog_20170925233401bac.jpg


鎌倉大仏は、鎌倉時代の中頃に造られました。今から750年も前のことです。胎内に入ると、驚くべき高度の技術を駆使した造像技法が分かります。像が大きいので、30回以上に分けて鋳造しているのですが、内壁の大きな格子模様は、そのために「鋳型」を多数並べ、重ねたことを示しています。  (続きあり)




水耕栽培ランキング


浅草寺(せんそうじ)参拝

7月28日(金)


「靖国神社」参拝後、浅草へ・・・


路地裏の有料駐車場に車を置いて、雷門を目指します。   スカイツリーが美しい

fc2blog_2017092418395465a.jpg



14:30 雷門(かみなりもん)到着~♪      正式名称は、風雷神門(ふうらいじんもん)

fc2blog_20170924183705f66.jpg



大提灯の下側にある龍の彫り物   

fc2blog_20170924183932f63.jpg



観光客でごった返す「仲見世通り」をようやく抜けて

fc2blog_201709241837317d9.jpg



宝蔵門をくぐり

fc2blog_20170924183814128.jpg



左側にある五重塔を見て

fc2blog_2017092418375474f.jpg



浅草寺(せんそうじ)でお参りしました。             

fc2blog_201709241838333be.jpg




その後、鎌倉へ   予約していた旅館で一泊



水耕栽培ランキング


「靖国神社」参拝

東京に用事があったので・・・  ついでに観光をしてきました!!


7月27日(木)


夕方、自宅を出発~♪


21:00 大鳴門橋を渡って、新東名高速道路経由で東京へ

fc2blog_20170923185306521.jpg



7月28日(金)


深夜の高速道路は、乗用車は少なくほとんど大型トラックでした。


こうやって日本の流通を支えているんだなーと感心つつも、前後に囲まれるとちょっと不気味(=o=;)


また、最近のトラックは90km/h以上出せないようになっているため、微妙に遅く


時々追い抜いて、トラック集団から抜け出しました。


サービスエリアの駐車場、大型車のスペースは仮眠する車でどこも満車状態。


大変だな~と思いつつ、乗用車スペースは空いていましたので、時々休憩したり仮眠して 


早朝、最寄りのサービスエリアに到着。 2時間程度仮眠して


7時開店を待って、フレンチトーストで朝食  


これだけで1400円は少し高いように思いましたが、風味がよくて美味しかったです~

fc2blog_20170923200105495.jpg



さて


午前中、用事をすませて・・・一度訪れてみたかった靖国神社へ


13:00 駐車場に到着~♪


広い参道を

fc2blog_20170923185323f79.jpg



どんどん歩いて

fc2blog_201709231853402c6.jpg



拝殿へ    尊い命を日本国のために捧げた人々に心を込めてお参りしました。

fc2blog_201709231931314b0.jpg



その後「遊就館」へ  


玄関ホールには、本物のゼロ戦と

fc2blog_201709231855302b5.jpg



「C56型31号機関車」と「火砲」が展示されていました。

fc2blog_20170923185551aad.jpg



なお、2階は有料で、戦没者や軍事関係の資料を収蔵・展示しているそうです。



靖国神社について


靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。
靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。
靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。




ところで


世界情勢に疎いわたしですが・・・こんな私でも、最近は


北朝鮮のミサイル、日本国の上空通過に恐怖を感じ


ロシアと北朝鮮のつながりに憂いを覚え


チャイナの侵略作戦 沖縄、尖閣諸島、北海道などに将来の不安を感じています。


やっぱり、日本国土は自分たちで守らなければ誰も守ってくれないし


話し合いで解決するならとっくに解決しているだろうから、結局ムリで


もうそろそろ真剣に、防衛と防衛力を高めるための研究に取り組まなければ


取り返しがつかないことになるのではないかと思います。




水耕栽培ランキング



シャコバサボテンの新葉

今年の5月に、摘み取った茎節をさし芽にしていたら~


キレイな新葉が

fc2blog_20170920181111a11.jpg



でてきました!!

fc2blog_20170920181128ad2.jpg



これからどうなるかわかりませんが・・・このままで様子をみます✋




水耕栽培ランキング


大人の休日「足摺岬」

足摺岬に行ってきました~♪     今回で3回目


去年の6月、四国八十八ヶ所参りの途中で、実家の母と泊まったホテルが気に入って


去年の9月、友人と逆打ち通しで、四国八十八ヶ所参りのときにも泊まって、友人も気に入ったので


今年の7月、お気に入りのホテルでのんびりするためだけに行ってきました


徳島県から、ひたすら一般道を走って~  


14:30 「花椿パシフィックホテル」に到着~♪


「ちょっと早いかなー」と思いつつホテルに入ってみたら、ロビーは暗くて誰もおらず


チャイムを鳴らして聞いてみたら、チェックインは15時からということでした。


そこで、足摺岬のお気に入りの場所  「天狗の鼻」へ  

fc2blog_20170910104000ba9.jpg



ここには東屋があるので、缶コーヒーを飲みながらのんびり海を眺めて過ごしました。

fc2blog_2017091010394453a.jpg



15:30  ホテルに戻ってチェックイン


さっそく露天風呂へ   海を見ながら、貸し切り状態のお風呂は最高!!

fc2blog_201709101039037a7.jpg



その後は、オーシャンビューの部屋から、太平洋を眺めてのんびり

fc2blog_20170910103921d5e.jpg



夕食は、食べきれないほどメニューが並びますが、一番のお目当ては「四万十鰻の蒲焼き」で


次の日の朝食も美味しくて、ごはんのおかわりをしてしまいました。。。   食べ過ぎ(^.^;


足摺岬散策は、「 四国八十八か所番外編 足摺岬」や「四国八十八か所番外編 足摺岬周辺」で


堪能しているのでそのまま帰途につき、満足な2日間でした(*˘︶˘*).。.:*♡


そして


たまたまホテルの売店で買った「宗田だしにんじんドレッシング」がとても美味しかったので


今度はそれを買いに、また行きたいな~♡と思っています。




水耕栽培ランキング