2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 四方山(よもやま)話
CATEGORY ≫ 四方山(よもやま)話
       次ページ ≫

ランの株分け

ランの花で紹介した、ランの株分けが終わりました。


クンシラン

fc2blog_20170528113128559.jpg



デンドロビウム

fc2blog_2017052811371096a.jpg



ギンギアナム            1株からは小さな芽がでています~♪

fc2blog_201705281145481ce.jpg



そして


下の写真は、シンビジューム


花の時期は過ぎていますが、日の当たらない場所に置いているためかまだ咲いています

fc2blog_2017052811333242b.jpg




水耕栽培ランキング



スポンサーサイト

山の収穫物 2

山の収穫物は・・・                写真中央は東宮山(とうぐうさん)です。

fc2blog_20170504193013c04.jpg



山椒の木                         私有地の山で採りました。

fc2blog_20170504191559b80.jpg



夫が、すりこぎを作ってくれるそうです~♪

fc2blog_20170504191619a84.jpg



とんすけが歩いている辺りで~  

fc2blog_201705041926264c4.jpg



山藤発見

fc2blog_2017050419270753f.jpg




キレイ

fc2blog_201705041926503c4.jpg




水耕栽培ランキング



ランの花

ラン好きの知人から、ランの花をいただきました

fc2blog_20170405213734483.jpg



クンシランと

fc2blog_20170405213801fba.jpg



デンドロビウム

fc2blog_20170405214604d63.jpg



そして


下の写真は、去年いただいたギンギアナム   

fc2blog_20170405214634042.jpg



とくに手入れをしていないのに無事に越冬して、美しい花を咲かせました

fc2blog_20170405214706453.jpg



また


こちらのギンギアナムは、根元がギュウギュウのせいか空中に根を伸ばしています

fc2blog_20170405220439274.jpg



ランの花は美しいだけでなく、生命力旺盛のようですね~


今年は、ちゃんと株分けなどの手入れをします。

fc2blog_20170405214934ad6.jpg




水耕栽培ランキング



加茂の大クス

徳島県三好郡東みよし町加茂にある「加茂の大クス」です


樹齢1000年余年  根周り20m   高さ26m

fc2blog_20170219172013676.jpg



東西52m、南北42mに及ぶその枝張りは、すべての方向にほぼ均等に広がっており


完璧ともいえる美しい樹形を誇っています。


昭和31年(1956年) 国の特別天然記念物に指定

fc2blog_201702191720318bb.jpg



一時は樹勢が低下。 また、落雷や風雨により大枝の欠損があったそうですが

fc2blog_20170219172049184.jpg



周辺の農地を公園化し、痛んだ部分を補修するなどの対策が講じられ、その後復活したそうです~

fc2blog_20170219171955904.jpg



大クス公園には、無料駐車場とトイレがあります。


近くに民家がありますが、去年の11月に訪れたときは人影はなくひっそりとしていました。




水耕栽培ランキングへ



塩塚高原「ススキの原が美しかったよ」編

10月8日(土)


ほんとは、徳島県の「寒峰」登山の予定でしたが・・・


登山口のある住吉神社に着いたら、あいにくの雨 


そのうえ、住吉神社から林道合流までの30分の間に2回も道迷いをしてしまって


よく見たら、ピンクテープが登山道だけでなくあちこちに巻かれていました


あげくに、先に歩いていた友人がわたしの苦手な爬虫類を発見して・・・戦意喪失


なんだか障害ばかりでイヤな予感がしたので、登山を中止して・・・


「塩塚高原」にドライブすることにしました。 2時間近く走って、到着 


おぉ!! ススキの原が

fc2blog_20161107194650a3b.jpg



どこまでも広がって美しい

fc2blog_20161107210423cbe.jpg



バイオのトイレのある駐車場近くの

fc2blog_20161107210530ffc.jpg



この道は~  とんすけとラーツーでとんすけが逃げだした道  

fc2blog_20161107210451ed8.jpg



今回は車で

fc2blog_20161107210549be8.jpg



東屋へ

fc2blog_20161107210613f8f.jpg



ここからの眺めは最高  でも風ビュンビュンで寒かったので

fc2blog_201611072106381d9.jpg



駐車場に戻って

fc2blog_201611072107246d5.jpg



荷物軽量化のために購入した「エスビット ポケットストーブ」を使ってみることにしました。

fc2blog_20161107210742692.jpg



蓋をパカっとあけると、中に固形燃料が入っていて

fc2blog_20161107210802ffd.jpg



その固形燃料を4個使って

fc2blog_20161107210824829.jpg



お湯500ccを沸かしました

fc2blog_201611072108507b1.jpg



遅めの昼食は・・・金ちゃんラーメンとお弁当

fc2blog_20161107210908851.jpg



キレイな景色を見ながら、食後のコーヒー     

fc2blog_20161107210932352.jpg




水耕栽培ランキングへ



簡単にFMラジオの受信をよくする方法

災害用に購入したラジオ「Dynamo Radio light」です

fc2blog_20160418211220bb0.jpg



電源は、乾電池、パソコンからの充電、手回し発電と多様で、携帯電話の充電もできます。


また、LEDライトとサイレンもついています。


ただ、わが家は、電波状態が悪いので、うまく受信することができません


そこで、簡単に受信状態をよくする方法が、YouTubeで紹介されていたのでやってみました。


作製方法・・・導線とワニグリップを用意してつなぐ。 

fc2blog_20160418201144e95.jpg



使用方法・・・一方をラジオのアンテナにつなぎ、もう一方をなるべく高いところに持っていく。

fc2blog_201604182012012e7.jpg



結果・・・ガーガーという雑音が取れて、キレイに聞こえるようになりました。


なお、この方法で効果があるのはFM放送


AM放送は、ラジオの向きを変えると感度がよくなります。



水耕栽培ランキングへ




お花見ウォーキング

山里に春がやってきたので~~ お花見ウォーキングをしてきました


潜水橋を渡って

fc2blog_20160402000726b07.jpg



橋の途中から見えるしだれ桜のお宅へ行ってみたら・・・

fc2blog_20160401092830725.jpg



ちょうど満開でした。

fc2blog_20160401093251b2a.jpg



おぉ!! 美しい

fc2blog_20160401093312990.jpg



そのお宅の2階のベランダから見た景色です・・・川の向こう側に見える遠くの山は「友内山」

fc2blog_20160402002842dad.jpg



川の上流側に見える遠くの山は「高越山」  見晴らし最高

fc2blog_20160401093332c69.jpg



その後、高越山方面に向かって、川沿いをしばらく歩き

fc2blog_201604010934582be.jpg



小さな橋を渡って

fc2blog_201604010935193b9.jpg



さらに赤い橋を目指します。

fc2blog_20160401093542a3f.jpg



赤い橋までやってきました。

fc2blog_20160401093608905.jpg



ここから見た桜も満開で

fc2blog_20160401093629fec.jpg



春の景色を堪能できました・・・

fc2blog_20160401093651460.jpg



水耕栽培ランキングへ



山道ウォーキング

2日前は雪でしたが・・・

fc2blog_201602182025112be.jpg



今日はいい天気 春の陽気に誘われて、山道ウォーキングをしてきました


まずは車道を通って・・・


梅の花発見 

fc2blog_20160218202532f7a.jpg



崩れて落ちた橋や

fc2blog_201602182025504cb.jpg



ガードレールがない場所(この下は断崖絶壁)

fc2blog_20160218202636ae2.jpg



過疎が進む山村は、空き家や廃屋が目立ちます。

fc2blog_2016021820274608e.jpg



橋を渡って、ここから山道へ・・・正面に見えるのは 半平山(はんだいらやま)

fc2blog_2016021820280951c.jpg



もう地元の人も使っていない山道は、荒れ果てて

fc2blog_20160218202830a95.jpg



木をまたいだり、くぐったりと悪戦苦闘  1時間ほど歩いて

fc2blog_20160218202849b70.jpg



目的地である八幡神社到着~♪

fc2blog_20160218202910ef1.jpg



ところが・・・柵が巡らせてあって中に入れません

fc2blog_20160218202930298.jpg



動物が境内に入れないようにしているのかな??と思いつつも


ここまで来たら引き返せません


そこで・・・なんとか柵をよじ登って境内へ

fc2blog_201602182031321b8.jpg



お参りをして

fc2blog_20160218203009ac8.jpg



境内からの美しい景色を眺めて・・・今度は車道から帰りました

fc2blog_201602182029507ce.jpg



人気ブログランキングへ



山の収穫物

徳島県の特産物「すだち」の木

fc2blog_20151119185011e9a.jpg



柑橘系香味果実のすだちは・・・


緑色で収穫するのが一般的ですが、収穫しなかったため黄色く熟れています。

fc2blog_20151119185031ca2.jpg



すたちの木の近くにあった「柚子」の木

fc2blog_20151119185054f31.jpg



柚子の木の下にあった「南天(なんてん)」の木

fc2blog_20151119185213eaf.jpg



別の植物にツルが巻いていた「ヤマノイモ」の葉とむかご

fc2blog_20151119185247c13.jpg



今日の収穫~♪

fc2blog_20151119185311e86.jpg




むかごとは・・・


植物の栄養繁殖器官のひとつ

主として地上部に生じるものをいい、葉腋や花序に形成され、離脱後に新たな植物体となる。

葉が肉質となることにより形成される鱗芽と、茎が肥大化して形成された肉芽とに分けられ

前者はオニユリなど、後者はヤマノイモ科などに見られる。



栄養繁殖器官とは・・・


植物の生殖の様式のひとつ

胚・種子を経由せずに根・茎・葉などの栄養器官から、次の世代の植物が繁殖する無性生殖である。



山芋(ヤマノイモ)の育て方によると


むかごを秋~冬に植えると、翌春5月頃に芽を出し、葉はグリーンカーテンになり


9月にはむかごがつくそうです。


そして


南天の実は、発芽阻害物質が含まれている果実を取ってタネ蒔きすると


来年の春先には芽がでるそうです。


むかごと南天の実・・・


どちらも花壇に植えてみることにしました



人気ブログランキングへ

徳島県最古の武家屋敷 三木家住宅

徳島県最古の武家屋敷、三木家住宅に行ってきました


場所は、徳島県美馬市木屋平村三ツ木 


穴吹川の上流に向かって国道492号を進み、「三木家住宅」の標識を目印に坂道を約3キロ・・・

fc2blog_20150609222047dc3.jpg



標高552mのひらけた場所にあります。

fc2blog_201506092211021ef.jpg



春にはしだれ桜がキレイそうです~♪

fc2blog_2015060922103784d.jpg



三木家住宅は、江戸初期(1650年ごろ)に建てられた徳島県内で最古の民家で

fc2blog_20150609220738ee6.jpg



中世の山岳武士の系譜を引く武家屋敷として、1976年に国の重要文化財に指定されました。

fc2blog_20150609220815f8a.jpg



建物は南に面し、間口が22.2メートル、奥行き9.3メートル

fc2blog_20150609220836d61.jpg



大きくて一枚の写真に収めきれませんでした・・・

fc2blog_20150609220902ac0.jpg



壁が少なく大黒柱もありませんが、一間ごとに立つ17センチ角の柱が家屋を支えて

fc2blog_201506092209248cc.jpg



平面で見ると、南北で2列、東西は5列の10室に分かれ


西端の2室を除いて床上となっている整形8間取り構造が特徴です。

fc2blog_20150609220947b53.jpg



三木氏は


阿波忌部氏の直系としての忌部(いんべ)氏であって


三ツ木という地名に 因む苗字を帯びていますが、忌部姓がその本姓です。 


上古以来歴代の践祚大嘗祭に、御殿人 (みあらかんど)として,麁服(あらたえ)を調進 して


朝廷と深い繋がりを持って いました。


屋内の様子や歴史など詳しくは「三木館」に書いてあります。


また、忌部氏は


5世紀後半から6世紀前半頃にその地位を確立したとされ


古代朝廷の祭祀を始めとして祭具作製・宮殿造営を担った氏族です。


詳しくは「忌部氏」をご参照ください。



人気ブログランキングへ