2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 四国八十八ヶ所参り 順打ち区切り
CATEGORY ≫ 四国八十八ヶ所参り 順打ち区切り
       次ページ ≫

第1番札所霊山寺にお礼参り

7月17日(月)


「四国八十八ヶ所霊場」開創1200年の記念の年、2014年4月から「四国八十八ヶ所参り」をはじめて


3年3ヶ月。前半のんびりしていたので時間がかかってしまいましたが、実家の母と二人


ときには夫にも参加してもらって、すべて巡ることができましたので


第1番札所霊山寺に、お礼参りに行ってきました。


13:40 駐車場に到着~♪

fc2blog_20170911201506322.jpg



山門をくぐり、本堂と大師堂をお参りしてから

fc2blog_20170911201524b88.jpg



売店の奥にある納経所へ


3年前、売店の人にいろいろ聞きながらお遍路用品を揃えたな~と思い出しつつ


納経所の人に「お礼参りです」と言うと、「おめでとうございます」と、ご朱印代300円を


無料にしてくれました。  嬉しい(*^^*)

fc2blog_20170911201655507.jpg




水耕栽培ランキング


スポンサーサイト

第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

7月2日(日)


第87番札所長尾寺から、第88番札所大窪寺へ・・・17.5キロ 30分


15:40 駐車場に到着~♪


少し歩いて、山門へ

fc2blog_20170903083945aa2.jpg



本堂と

fc2blog_2017090308400875d.jpg



大師堂でお参りをして・・・八十八ヶ所全てを巡り終え

fc2blog_20170903084028078.jpg



ぶじに結願成就しました~ 

fc2blog_20170903084104c1e.jpg



「四国八十八ヶ所霊場」開創1200年の記念の年、2014年4月から「四国八十八ヶ所参り」をはじめて


3年3ヶ月。 前半のんびりしていたので3年3ヶ月もかかってしまいましたが、実家の母と二人


ときには夫にも参加してもらってなんとか終えることができました。 感謝です~(*˘︶˘*).。.:*♡



お遍路ポータル」より


結願の札所・大窪時。行基菩薩が建てたのが始まりとされ、のちに弘法大師が岩窟で虚空蔵求聞持法を修行し、谷間の窪地にお堂を建て本尊を祀った。これが、寺名の由来とされている。 また、女性の参拝が早くから許されており、女人高野とも呼ばれた。 結願の後は、納経所に申し出れば、金剛杖や菅笠を奉納することが出来る。 結願成就のあとは、高野山へ参拝し満願を迎えたい。



余談ですが・・・境内でなんかぶら下がっているなーと思ったら、藤の実でした!!  大きい

fc2blog_2017090308404604a.jpg




水耕栽培ランキング


第87番札所 長尾寺(ながおじ)

7月2日(日)


第86番札所志度寺から、第87番札所長尾寺へ・・・7.5キロ 15分


15:00 駐車場に到着~♪


歩きやすい境内に感謝しつつ、本堂と大師堂へ

fc2blog_2017090210192517e.jpg



お遍路ポータル」より


町中にある長尾寺は、源義経の側室・静御前が出家した寺として知られている有名である。 行基菩薩が柳の木で本尊を彫り、お堂を建てたのが始まりと言われている。その後、弘法大師が唐へ渡る前に訪れ、護摩修法を行っている。帰国後も再び訪れ、大日経を書写した供養塔を建てている。




水耕栽培ランキング


第86番札所 志度寺(しどじ)

7月2日(日)


第85番札所八栗寺から、第86番札所志度寺へ・・・9キロ 15分


14:30 駐車場に到着~♪


草木の生い茂った

fc2blog_20170831121903115.jpg



野趣あふれる境内を歩いて

fc2blog_20170831121837876.jpg



本堂と

fc2blog_20170831121925e70.jpg



大師堂へ

fc2blog_201708311219443ce.jpg



お遍路ポータル」より


補陀洛山志度寺 天武10年(681年)に藤原不比等(藤原鎌足の子)が亡き妻の墓もここに建て、お堂を広げて「死度(しど)道場」という修行場を作った。死度とは、「志度の海辺は極楽浄土へ続く」という信仰によるもの。 海女だった妻が、不比等の宝珠を竜神から取り戻した伝説「海女の玉取り」は、のちに浄瑠璃や謡曲のモチーフになっている。 その後に、不比等の子が母を弔って志度寺として再興した。 室町時代には四国管領の細川氏が代々寄進を行い繁栄したが、のちの戦乱により寺院は荒廃する。 藤原氏末裔の生駒親正による支援などを経てのち、1671年高松藩主松平頼重の寄進(本堂・仁王門)など、高松藩主松平氏により再興された。 1946年の南海地震で大きな被害を受けていた庭を、京都林泉協会の会長であった重森三玲氏の指導のもと、十年の歳月を費やして復旧した枯山水(曲水式庭園・無染庭)は有名である。(拝観料無料)




水耕栽培ランキング



第85番札所 八栗寺(やくりじ)

7月2日(日)


第84番札所屋島寺から、第85番札所八栗寺へ・・・9キロ 15分


13:00 駐車場に到着~♪


ケーブルカーに乗って4分   八栗ケーブル山上駅へ

fc2blog_2017083017591455c.jpg



山上駅に着いたら~  


係の人が「車椅子ありますよ。使いますか?」と聞いてくださったので


ありがたくお借りしました。 境内は広く、ゆるい坂道がありましたが・・・

fc2blog_20170830180009ada.jpg



力持ちの(?)夫に押してもらって

fc2blog_20170830180034ec8.jpg



本堂と

fc2blog_20170830180115f89.jpg



大師堂へ      

fc2blog_20170830180058323.jpg



参道に咲く、ガクアジサイがキレイでした~♡

fc2blog_201708301801358c2.jpg



お遍路ポータル」より


標高375mの五剣山の8合目にあり、ケーブルカーで登ることができる。 八栗寺には、弘法大師の作と言われている歓喜天が祀られており、縁結びや商売繁盛の「八栗の聖天さん」としてお遍路さん以外にも人気のある場所となっている。 弘法大師がここで求聞時法を修行した際に、5つの剣と蔵王権現が現れたとされ、大師は五剣を山中に埋め大日如来を本尊とした。 寺名は、弘法大師が唐への修行の成果を試すために、あらかじめ8つの焼き栗を植え、帰国した際にみごとに成長していたことに由来する




水耕栽培ランキング



第84番札所 屋島寺(やしまじ)

7月2日(日)


第83番札所一宮寺から、第84番札所屋島寺へ・・・17キロ 30分


屋島は高松市の東、標高293メートルの火山台地の半島で


那須与一の扇の的や義経の弓流しなどで有名な源平合戦の古戦場の史蹟で知られています。

fc2blog_20170829200011854.jpg



屋島寺に行く途中にある「源平やしま古戦場」

fc2blog_20170829200032708.jpg



11:20 駐車場に到着~♪   


少し歩いて山門へ   本堂と大師堂でお参りをしました。

fc2blog_20170829200054133.jpg



お遍路ポータル」より


標高293mの山頂にある屋島寺は香川県での有数景勝地である。また、源平の古戦場としても知られている。屋島寺は、753年に唐の僧・鑑真がお堂を建てたのが始まりと言われている。のちに弘法大師が北嶺にあったお堂を南嶺へ移し、本尊を祀り霊場と定めた。 境内では、国の重要文化財である「十一面千手観世音菩薩」も拝見できる。本尊の横には、狸の象「蓑山大明神(みのやまだいみょうじん)」があり子宝や縁結び、家庭円満の御利益があるという。



昼食は、次の札所 85番八栗寺近くにある「うどん本陣山田家本店」にて


実家の母お気に入りの「上天丼定食」をいただきました。天ぷらがサクサクで美味しい♡

fc2blog_20170829200120569.jpg




水耕栽培ランキング


第83番札所 一宮寺(いちのみやじ)

7月2日(日)


第82番札所根香寺から、第83番札所一宮寺へ・・・17.5キロ 30分


10:20 駐車場に到着~♪


山門をくぐって

fc2blog_20170828123428e0f.jpg



手洗い所に行くと・・・

fc2blog_20170828123453d87.jpg



弘法大師の手から水を受けるようになっていました。   楽しい~♡

fc2blog_20170828123601a15.jpg



本堂と

fc2blog_20170828123641eca.jpg



大師堂です。

fc2blog_20170828123622069.jpg



お遍路ポータル」より


寺を開いたのは、行基菩薩の師・義淵僧正(ぎえんそうじょう)で、当初は法相宗だったが、弘法大師が再興のため訪れた際にはに真言宗に改宗した。 天正の兵火により焼失するが、江戸時代に高松藩によって再興されている。 境内には、薬師如来の祠があり頭を入れると地獄の釜の音が聞こえるという。邪心な者は、頭が抜けなくなると言われている。




水耕栽培ランキング



第82番札所 根香寺(ねごろじ)

7月2日(日)


第81番札所白峯寺から、第82番札所根香寺へ・・・7.5キロ 15分


9:15 駐車場に到着~♪


山門をくぐって

fc2blog_20170827203121653.jpg



長い石段を上り

fc2blog_2017082720313977b.jpg



本堂前の回廊を通って・・・全国の信者が奉納した約三万三千体の観音像が並んでます。

fc2blog_20170827203214f1d.jpg



本堂へ

fc2blog_20170827203156a55.jpg



そして


大師堂へ

fc2blog_20170827203229bf4.jpg



お遍路ポータル」より


豊かな自然に囲まれた根香寺は、人の目をも楽しませてくれる。 新緑の木々の色が秋になると深い紅葉へと人々を優しく包み込んでくれる。
弘仁の頃(810~824年)にここ五色台を訪れた弘法大師は五智如来を感じて山にそれぞれ黄峰、青峰、赤峰、白峰、黒峰と名付けた。
そして、青峰に花蔵院を建立した。
後に、智証大師が訪れた時に、市之瀬明神のお告げにより霊木で千手観音像を彫り「千手院」を開いたとされる。
境内には、智証大師が本尊を祀った霊木の切り株があり、芳香を放っていたことから「根香寺」の由来となっている。




水耕栽培ランキング


第81番札所 白峯寺(しろみねじ)

弘法大師・空海上人が弘仁6年(815年)に御開創されたと伝えられている「四国八十八ヶ所霊場」は


平成26年(2014年)に開創1200年の記念の年を迎えました。


四国に住んでいてもお遍路とは縁のなかったわたしですが・・・


そのニュースを見てふとお参りをしてみようと思いたち、「運動にもなるから」と実家の母を誘って


2014年4月から「四国八十八ヶ所参り」をはじめて、3年3ヶ月


ついにあと8ヶ所となりました(*^^*)


7月2日(日)


今回は夫にも参加してもらって、実家経由で香川県の第81番札所白峯寺へ


8:30 駐車場に到着~♪


山門をくぐると

fc2blog_20170826171913de6.jpg



正面に護摩堂があり   納経所+足の不自由な人はここで本堂と大師堂のお参りができます。

fc2blog_20170826172002182.jpg



護摩堂の前を左方向に進んで、石段を上ると

fc2blog_20170826171931280.jpg



本堂と

fc2blog_20170826171947382.jpg



大師堂があります。

fc2blog_201708261731199a6.jpg



また


石段の下にある門をくぐると

fc2blog_20170826172418787.jpg



崇徳天皇の御廟所(すとくてんのうのごびょうしょ)があります。

fc2blog_20170826172437083.jpg



お遍路ポータル」より


815年に弘法大師が白峯山に如意宝珠を埋め、世の中の救済を祈願して開いたとされている。後に、智証大師が山を訪れ、白峯大権現のお告げで霊木に本尊を祀ったとされている。
また、この地に流された崇徳上皇とゆかりのある札所としても有名で、後鳥羽上皇は崇徳上皇の霊を祀る御廟として、境内に頓証寺殿を建立している。




水耕栽培ランキング


第80番札所 国分寺(こくぶんじ)

6月16日(金)


第79番札所天皇寺から、第80番札所国分寺へ・・・7キロ 15分


14:55 駐車場に到着~♪


山門をくぐると

fc2blog_2017082410051211b.jpg



長い参道があり

fc2blog_20170824100237032.jpg



その左側には、「四国霊場 ミニ八十八ヶ所巡り」があります。

fc2blog_20170824100254f00.jpg



実家の母は、長い石段や参道のある寺院では、駐車場で待機してお参りできてなかったので・・・


ミニ八十八ヶ所巡りをしながら

fc2blog_201708241003136ba.jpg



本堂と    

fc2blog_201708241003464d5.jpg



大師堂へ

fc2blog_20170824100403d2f.jpg



そして、またミニ八十八ヶ所巡りを続け

fc2blog_2017082410042285c.jpg



ぶじに、八十八すべての霊場を廻り終えることができました~♪  

fc2blog_201708241004390d7.jpg



ここ国分寺の「四国霊場 ミニ八十八ヶ所巡り」は、平地移動なので


押し車を押して巡ることができます!!



お遍路ポータル」より


天平13年(741年)に聖武天皇の詔勅により全国に建立された国分寺の一つで、行基が千手観音を安置して開創したといわれる。奈良時代に建てられたものは現在では残っておらず、旧国分寺跡は国の特別史跡に指定されている。 現在の本堂は鎌倉時代後期のもので、本尊の千手観音立像、銅鐘と共に国の重要文化財に指定されている。




水耕栽培ランキング