2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 登山
CATEGORY ≫ 登山

砥石権現(といしごんげん)登山

5月11日(木)


徳島県名西郡神山町にある「砥石権現」に登ってきました。 山名の由来は砥石の産地だったから。


10:00 登山口のある「四国山岳植物園 岳人の森」の駐車場に到着~♪

fc2blog_20170701184002f8f.jpg



植物園の美しいシャクナゲの花を見ながら

fc2blog_20170701184022501.jpg



10:20 登山口へ   出発~♪

fc2blog_201707011840429d4.jpg



登山道は、植物園にて整備されているそうで

fc2blog_20170701184101c02.jpg



とんすけも歩きやすそう

fc2blog_20170701184121e32.jpg



11:10 見晴らしのいい場所にでました。 

fc2blog_20170701184206fe0.jpg



この下は崖です。 とんすけが落ちないかと一瞬ヒヤっとしました

fc2blog_201707011841461f0.jpg



11:15 「カモシカのガレ場」の標識あり   砥石権現山頂へあと35分

fc2blog_20170701184227084.jpg



11:35 「シャクナゲ坂」へ

fc2blog_20170701184255876.jpg



おぉ    ここでついにとんすけが前にでました!!

fc2blog_20170708201807841.jpg



いつもだいたい、私→とんすけ→友人の順に歩いているのですが・・・


今日は、わたしのスローペースに待ちきれなかったようですーーー

fc2blog_20170701184324b72.jpg



11:43 「かたくり自生地」へ

fc2blog_20170708205535108.jpg



カタクリの小さな花発見!!  ほかにもちらほら咲いていました。

fc2blog_20170701184351d58.jpg



カワイイ

fc2blog_201707090829187f2.jpg



とんすけは疲れ知らず~

fc2blog_20170701184417b7f.jpg



12:00 「←鹿舞ダキ山 砥石権現→」の標識をみて右へ  あと15分

fc2blog_2017070118444815c.jpg



12:10 「お休み台」へ

fc2blog_20170701184514c83.jpg



広々とした景色を見ながらちょっと休憩     あともう少し

fc2blog_20170701184537b35.jpg



12:25 砥石権現頂上到着~♪   1375メートル制覇

fc2blog_201707011846161d8.jpg



頂上の景色です。木々に囲まれ眺望はありません。

fc2blog_201707011846446cd.jpg



さっそく昼食  ラーメンとおにぎり弁当

fc2blog_20170701184707bd9.jpg



ビール・・・友人に分けてもらいました。

fc2blog_201707011852207b7.jpg



とんすけは大好きなラーメンにロックオン    待ての状態✋

fc2blog_20170701184842d2b.jpg



13:30 下山開始


15:15 植物園に戻ってきました。   無事下山

fc2blog_20170701184950cb2.jpg



今回のルートです。

fc2blog_20170701185108f98.jpg



歩行距離:4.5キロ 標高差:600メートル 所要時間:5時間

fc2blog_20170701185042770.jpg



植物園近くまで戻ってきたとき・・・


浮石を踏んで身体がグラッとなり斜面から転げ落ちそうになりました。クイッと身体を元に戻そうと


してもうまくいかず、グラッ クイッを3回繰り返しやっと立て直すことができました。


いつもならそんなにグラグラこないはずですが、体力をつけようと8キロのザックを背負っていたため


思うように身体が動かせなかったと思われます・・・


また、帰りの車の中でとんすけの身体からマダニが何匹も這い出てきました。


登山中にくっついてきたと思われます・・・




水耕栽培ランキング



スポンサーサイト

アップダウンの烏帽子山(えぼしやま)登山

5月3日(水)


徳島県三好市にある「烏帽子山」に登ってきました。


10:20 登山口のある「落合峠」に到着~♪     標高1520メートルで見晴らし最高

fc2blog_2017062423173993f.jpg



ここから少し下ったところにある駐車場に車を停めて・・・落合峠に戻り赤い屋根のトイレへ

fc2blog_20170624231802e3f.jpg



10:30 登山口から出発~♪

fc2blog_20170624231825e74.jpg



とんすけも一緒です~

fc2blog_20170624231926e46.jpg



11:10 烏帽子の山容をした「烏帽子山」が見えてきました。

fc2blog_20170624232005012.jpg



11:15 大岩でちょっと休憩

fc2blog_20170624232026ba0.jpg



11:30 だいぶ笹が深くなってきました。   この後、笹はさらに深くなっていきます

fc2blog_2017062423204898f.jpg



11:35 鎖場    とんすけはムリなので、友人が抱っこして下ろしてくれました

fc2blog_2017062423211099b.jpg



12:30 前烏帽子山へ

fc2blog_2017062423213235b.jpg



落合峠から2キロ歩いてきました。  烏帽子山まで1キロ  寒峰まで3キロ

fc2blog_20170624232201214.jpg



寒峰につづく美しい縦走路を見ながら、ちょっと休憩

fc2blog_201706242322241d3.jpg



12:55 一旦、開けた場所に出て

fc2blog_20170624232254d77.jpg



また雑木林の中へ  

fc2blog_20170624232316e51.jpg



13:40 烏帽子山頂上到着~♪     貸切状態

fc2blog_2017062423233791c.jpg



1670メートル制覇

fc2blog_20170624232850692.jpg



頂上からの景色です。

fc2blog_201706242324105c2.jpg



空が美しい

fc2blog_20170624233035ddc.jpg



さっそく昼食  お湯を沸かして

fc2blog_20170624232917230.jpg



ラーメンとおにぎり弁当  かりんとまんじゅう  コーヒー

fc2blog_2017062423294321f.jpg



とんすけは、よほどラーメンが好きなのか、友人が作ったラーメンを待ちきれず・・・


ごはんを食べた後だったのに、いつもの「待て」ができませんでした

fc2blog_20170624233007ab8.jpg



14:40 下山開始   


途中、身長を越える笹原を泳ぐようにかき分けながら進み・・・不快


16:50 鎖場まで戻ってきました。 とんすけは友人に抱っこしてもらって楽々~

fc2blog_20170625010917233.jpg



17:10 落合峠と駐車場が見えてきました←写真中央

fc2blog_2017062423324301a.jpg



17:45 落合峠に到着~♪  無事下山

fc2blog_201706242333118df.jpg



駐車場に向かっていると~  エサを捜していたのかな??トビが優雅に舞って迎えてくれました。

fc2blog_2017062423335777b.jpg



今回のルートです。 

fc2blog_20170625012915e3a.jpg



歩行距離:7.3キロ  標高差:710メートル  所要時間:休憩を含めて7時間15分

fc2blog_20170625012852c40.jpg



落ハゲ、前烏帽子山、烏帽子山と3つの頂上があるためアップダウンが激しく


最後まで気を抜くことができずしんどかったです。


とんすけは、段差のある岩、笹が倒れている場所、鎖場などは歩けないので


そのつど友人に助けてもらっていました。ありがとう



水耕栽培ランキング


津志嶽(つしだけ)登山

4月29日(土)


徳島県美馬郡つるぎ町にある「津志嶽」に登ってきました。


8:45  「久藪阿弥陀堂」の駐車場に到着~♪   キレイな水洗トイレあり

fc2blog_2017061716201279d.jpg



車道を歩いて

fc2blog_20170617162039eb6.jpg



9:05 案内板のある登山口へ   出発~♪

fc2blog_20170617162102f96.jpg



9:20 史跡「阿波狸発祥地」発見!

fc2blog_2017061716214536f.jpg



洞窟の中に、石造りの狸が祀られていました。

fc2blog_2017061716220914d.jpg



9:40 廃屋の軒先を通って

fc2blog_20170617162229a00.jpg



9:50 木の橋を渡り・・・杉林の中をどんどん登っていきます。

fc2blog_201706171622479b2.jpg



11:00 分岐点へ     左に進みます。

fc2blog_20170617162312e5a.jpg



木の鳥居をくぐって「津志嶽神社」へ     お堂前でちょっと休憩

fc2blog_20170617162333a38.jpg



尾根道を

fc2blog_201706171808014c2.jpg



楽しみながら歩き

fc2blog_2017061716241204c.jpg



こわごわ岩場を超えたら~     

fc2blog_201706171624324b8.jpg



苔が美しい場所に出ました。

fc2blog_20170617162543cfc.jpg



遠くの山々も見渡せて、気分晴れ晴れ~♪

fc2blog_20170617180825000.jpg



11:55 四国電力の標識あり   「津志嶽奥の院←」を見て、左に進みます。

fc2blog_201706171626197bb.jpg



鉄塔を過ぎると・・・


12:15 「津志嶽シャクナゲ郷土の森」の案内板発見!  

fc2blog_2017061716264493d.jpg



この辺りはシャクナゲの木が少なく、風がよく通って寒いせいか花の気配なし・・・

fc2blog_201706171627043f5.jpg



沢を過ぎて

fc2blog_201706171627251d0.jpg



12:25 「津志嶽のシャクナゲ園」へ

fc2blog_20170617173302b5e.jpg



ここは風が少なく日当たりがよいようで、シャクナゲの蕾を見ることができました。

fc2blog_201706171628115ee.jpg



花のシーズンは5~6月なので、花はまだでした

fc2blog_2017061716285551a.jpg



13:35 急坂をよじ登り

fc2blog_201706171629308c6.jpg



14:00 山頂に到着~♪

fc2blog_20170617163016078.jpg



津志嶽 1493.5メートル制覇

fc2blog_20170617162953411.jpg



山頂は、木々に囲まれ眺望はありません。

fc2blog_20170617163037cec.jpg



さっそく昼食   お湯を沸かして、ラーメンとおにぎり弁当  かりんとまんじゅう

fc2blog_201706171630579db.jpg



きれいな空を見ながら、食後のコーヒー

fc2blog_2017061716312205d.jpg



15:15 下山開始     


18:50 暗くなってきたのでヘッドライト装着

fc2blog_20170617163145d81.jpg



19:00 赤い屋根の「久藪阿弥陀堂」の駐車場へ   無事下山

fc2blog_20170617163208547.jpg



今回のルートです。 現在地から「津志嶽シャクナゲ郷土の森」を経由して山頂まで

fc2blog_20170617162123cae.jpg



歩行距離:9キロ  標高差:1010メートル  所要時間:休憩を含めて8時間15分

fc2blog_20170617163226ddf.jpg



前半は、杉林の中で変化のない登山道が続き、気分的に萎えますが


後半は、尾根道や沢、岩場、シャクナゲなど変化に富んでいて


距離が長く、しんどいながらも楽しかったです。




水耕栽培ランキング



寒峰(かんぽう)登山「福寿草の花が見れたよ」編

3月25日(土)


徳島県三好市旧東祖谷山村にある「寒峰」に登ってきました。


以前は「住吉神社」の登山口から登っていましたが、今は林道が伸びて数キロ先に


新しい登山口ができています。ただ、駐車場はないので車は道端に停めることになります。


ちょうど福寿草のシーズンで、登山口近くはたくさんの車が停まっていたのでびっくり~


観光バスも2台来ていました。 なんとか車を置く場所を探して10分歩いて
   

11:15 登山口へ      出発がだいぶ遅れてしまいました

fc2blog_20170522211041137.jpg



11:30 福寿草の群生地発見!!

fc2blog_20170522211109db2.jpg



斜面の下にあったので、上から見るだけにしました。

fc2blog_20170522222827f18.jpg



11:55 「福寿草」の看板あり

fc2blog_2017052221114496a.jpg



雪原を歩いて群生地へ

fc2blog_20170522211202008.jpg



福寿草の花です。

fc2blog_201705222112218e3.jpg



黄色が鮮やかでカワイイ

fc2blog_20170522211237052.jpg



ここから先の登山道にも、ちらほら福寿草の花が咲いていました。

fc2blog_20170522211307176.jpg



12:15 林道の中から開けた場所にでました。 遠くの山々がキレイ♪

fc2blog_20170522211333856.jpg



12:25 「←寒峰山頂」の標識あり  簡易アイゼンをつけて、急斜面をどんどん登っていきます。

fc2blog_20170522211353749.jpg



13:10 たくさんの下山している人達とすれ違いながら~     長い尾根道を歩いて     

fc2blog_20170522211447dd7.jpg



13:45 トラバース道を通って         ちらほら雪が舞いはじめました

fc2blog_20170522211508f5a.jpg
  


14:25 あともう少し

fc2blog_20170522211530a1a.jpg



14:35 最後の急坂を登って

fc2blog_201705222115541eb.jpg



14:40 寒峰頂上到着~♪     頂上は貸切状態

fc2blog_2017052221161407b.jpg



1604メートル制覇         雪は降り続いています。

fc2blog_20170522211648b02.jpg



頂上からの景色です。   

fc2blog_20170522211732b8a.jpg



烏帽子山(えぼしやま)に続く縦走路が美しい

fc2blog_20170522211712551.jpg



15:00  さっそくレインスーツを着て、昼食  ラーメンとおにぎり弁当

fc2blog_20170522211755eb6.jpg



食後のコーヒー

fc2blog_201705222118175dd.jpg



16:20  下山途中に見た雪原の美しい景色   

fc2blog_20170522211837d72.jpg



雪は止みそうになく、踏み跡が消えてしまわないかとちょっと心配

fc2blog_20170522211855551.jpg



18:25 登山口へ   無事下山

fc2blog_2017052221191316d.jpg



18:40 林道を歩いて車まで戻ってきました。   もう真っ暗

fc2blog_20170522211932aef.jpg



今回のルートです。   最初の1/3は急登で、2/3は尾根道が続きます。

fc2blog_20170522211953f73.jpg



今回は緊急時に備えて「登り」だけ記録   歩行距離:6キロ 標高差:708メートル 

fc2blog_20170522212011f0b.jpg



所要時間は、休憩を含めて7時間10分


雪道は所々ポカッと穴があいていたので、踏み抜かないように注意し


雪が溶けてドロドロになった急坂では、転ばないように気を使ってと、結構大変でした。




水耕栽培ランキング



冬の高越山(こうつさん)登山

1月19日(木)


雪道を歩きたくて、冬の「高越山」に登ってきました。


徳島県吉野川市にある高越山は、頂上に高越寺があり信仰の山としても知られています。


9:05 高越大橋の近くにある登山口から出発~♪

fc2blog_20170430030458b11.jpg



登山道から一旦林道に出て、また山の中へ

fc2blog_20170430030517fba.jpg



いくつもの鉄塔を超えていくと              鉄塔は5本・・・だったかな?

fc2blog_20170430030535814.jpg



また林道に出ます。右へ進むと         下の写真、正面に見えるのが高越山です。

fc2blog_20170430030605cb9.jpg



11:05 「中の郷」到着~♪

fc2blog_20170430030625435.jpg



池のほとりのベンチで休憩   池も手洗い鉢も凍っていてびっくりーーー

fc2blog_20170430030644e86.jpg



11:40 「山頂まで2キロ」の標識あり              雪はまだかな~??

fc2blog_20170430030742591.jpg



12:30 「合掌」して                    ちらほら雪がでてきました。

fc2blog_20170430030807987.jpg



12:55 女人禁制当時の遺物赤門を過ぎて        この辺りで簡易アイゼンをつけました。

fc2blog_20170430030851337.jpg



13:05 鳥居をくぐり          

fc2blog_201704300309536cf.jpg



雪道をサクサク進んで

fc2blog_20170430031017f28.jpg



13:10 やっと、高越寺の山門が見えてきました。 遠かった~

fc2blog_20170430031037d37.jpg



境内は雪に覆われていて、他に参拝者はいない様子でしたが

fc2blog_20170430031055bc1.jpg



時折ドサッと音がするので、動物かな??と思ったら屋根から雪が溶けて落ちる音でした。

fc2blog_20170430031114b3e.jpg



13:30 高越山山頂到着~♪  1133メートル制覇   弘法大師像も雪を被っています。

fc2blog_201704300311553b2.jpg



山頂からの景色です。 木々に囲まれて眺望はありません。

fc2blog_20170430031217a49.jpg



山頂のベンチで昼食  お湯を沸かしてカップラーメン、おにぎり弁当、チョコケーキ

fc2blog_201704300312536d5.jpg



山頂の雪を溶かしてみたら~

fc2blog_2017043003133218e.jpg



あれ?? ゴミが浮いている  それでもコーヒーフィルターがあるから大丈夫だろうと

fc2blog_20170430031351b9d.jpg



コーヒーを入れました。 はじめて飲んだ雪のコーヒーは・・・木の匂いがして香ばしかったです

fc2blog_20170430031409f2e.jpg



気温は零度。 だんだん身体が冷えてきたので

fc2blog_2017043003142802e.jpg



14:40 「高越山一等三角点」を見てから

fc2blog_20170430031457346.jpg



高越寺の休憩所へ行ってみたら、お寺も無人のようで鍵がかかっていました。 トイレをお借りして

fc2blog_201704300315181e8.jpg



15:00 狛犬さんに別れを告げて、下山開始

fc2blog_201704300315366f4.jpg



17:50 暗くなってきたので、ヘッドライト装着

fc2blog_201704300315543c0.jpg



鉄塔からみた夜景がキレイでした

fc2blog_2017043003161315b.jpg


18:45 無事下山


iPhoneアプリ「ジオグラフィカ」でみた今回のルートです。

fc2blog_20170430031639769.jpg



歩行距離11.8キロ  累積標高差1122メートル  歩行時間:登り4時間25分 下り3時間45分

fc2blog_2017043003170083e.jpg



休憩90分を含めて、9時間40分の辛くて楽しい長旅でした



水耕栽培ランキング


登山番外編「エスビットポケットストーブ」

塩塚高原「ススキの原が美しかったよ」編で紹介した「エスビットポケットストーブ」は~


コンパクトで軽く、登山に持っていきたいアイテムなのですが


ちょっと使いにくい所があるので、工夫してみました。


エスビット固形燃料の工夫


① 使用後にカスが残る→ポケットストーブの底にアルミホイルを敷いて予防


② 固形燃料が着火しにくい→ティシュを敷いて固形燃料を載せ、ティシュに火をつける


③ ススがでる→対策なし  家に帰って、洗剤で洗うとキレイに落ちます。


④ 独特の臭い→わたしは苦手なので、固形燃料はジップロックに入れて保存



ポケットストーブの工夫


① 風に弱い→ダイソーのケーキ型(底抜けタイプ)の側面のつなぎ目を外し、風防にする


結果は~  ティシュに火をつけるだけで簡単に着火しました   大成功

fc2blog_20170316183831384.jpg



固形燃料に火がついたら


水を入れたシェラカップを載せてお湯を沸かし・・・シェラカップのフタはケーキ型の底です 

fc2blog_201703161838519b3.jpg



キレイな景色を見ながら、食後のコーヒー

fc2blog_20170316183908b05.jpg



早咲きの桜も咲いて   もうすぐ春ですね~

fc2blog_20170316183926309.jpg




水耕栽培ランキング


「天狗の森」登山と四国カルスト

2016年 11月26日(土)


高知県と愛媛県との県境にある「四国カルスト」に行ってきました。

fc2blog_201702092209516e4.jpg



徳島県の自宅を夜中に出発し、一般道をひたすら走って


7:00 天狗荘の駐車場に到着~♪

fc2blog_20170215190206615.jpg



ここからの景色は最高   雲海の上に朝日が出ていました

fc2blog_201702151901438df.jpg



まずは、「天狗の森」登山    

fc2blog_20170209220934eff.jpg



上の写真は、見晴らし台から見た「天狗の森」です。

fc2blog_201702092201122c8.jpg



7:50 出発~♪  テントサイトの中を通って登山道へ

fc2blog_20170209220130420.jpg



8:05 展望台

fc2blog_20170209220147090.jpg



登山道は歩きやすく

fc2blog_2017020922021571d.jpg



どんどん登って

fc2blog_20170209220232722.jpg



8:20 「天狗の森」頂上到着~♪  標高1485メートル   風ビュンビュン

fc2blog_201702092203184a9.jpg



帰りは、iPhoneアプリ「Geographica」にあった別ルートで一周する予定でしたが

fc2blog_20170209220336721.jpg



廃道になっていたようでみつからず、縦走路に行ってしまいました

fc2blog_201702092203592a4.jpg



9:20 そこで、100メートルほど登り返して、また「天狗の森」頂上へ  

fc2blog_20170209220416d10.jpg



9:40 行きと同じルートで戻って、展望台へ

fc2blog_20170209220437ae1.jpg



展望台からの景色です。赤い屋根の天狗荘と、天狗高原が見えます~

fc2blog_20170209220458c05.jpg



10:05 天狗荘の駐車場に戻ってきました。  エスビットポケットストーブでお湯を沸かして

fc2blog_20170209220517405.jpg



シェラカップでコーヒー

fc2blog_20170209220534236.jpg



10:40 四国カルスト 天空のドライブ~

fc2blog_201702151901218d0.jpg



天狗高原の

fc2blog_20170209220554397.jpg



広々とした景色を楽しみながら

fc2blog_20170209220614406.jpg



10:40 姫鶴平(めづるだいら)へ

fc2blog_20170215225132b57.jpg



ここには、「姫鶴平キャンプ場」があります~♪

fc2blog_2017020922063364c.jpg



宿泊施設「姫鶴荘」にキャンプの予約をしようと行ってみたら・・・「本日休業」??

fc2blog_20170209220658849.jpg



電話してみたら、「今年の営業は終わったよ~  水出ないよ~」と


11月いっぱいまで営業予定のはずでしたが、宿泊客がいないから早く終わったのでしょうか??


トイレも使えないとのことで、キャンプはあきらめて・・・


ドライブ再会

fc2blog_2017020922073755e.jpg



地方峠を超えて

fc2blog_20170209220756f04.jpg



大野ケ原へ

fc2blog_20170209220833725.jpg



この辺りは

fc2blog_20170209220853d7b.jpg



冬枯れのちょっと寂しい雰囲気でした。

fc2blog_201702092209117fc.jpg



その後、別のキャンプ場へ。。。 乾ききった身体に、ビールがしみじみと美味しかったです

fc2blog_20170209221011649.jpg




水耕栽培ランキングへ


登山番外編「テントになるポンチョ」

丸笹山登山「雨のため縦走は中止したよ」編で紹介した、「テントになるポンチョ」を

fc2blog_2017010914023600c.jpg


テント設営してみました    前・・・高さは1メートルほどで

fc2blog_20170109140257147.jpg



後ろ・・・トレッキングポール1本と、ペグ4本を使っています。

fc2blog_20170109140316d4c.jpg



友人のテントと比べてみたら~  


思っていたより小さかったですが・・・   雨風防いでビバークはできそうです。

fc2blog_201701091403350b5.jpg



設営方法は・・・


① 「テントになるポンチョ」のスナップを外し、四角い布にして地面に置く


② 後ろ側になる2箇所をペグで固定する


③ 前側から、トレッキングポールを入れて高さを決める


④ 一旦トレッキングポールを外して、前側2箇所をペグで固定する


⑤ 前側からトレッキングポールを入れてテントにする



下の写真の「アルミの軽量ペグ」は友人がプレゼントしてくれました。  登山に最適

fc2blog_2017010914035351e.jpg




水耕栽培ランキングへ



国見山登山「2017年 初日の出」編

2017年

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします




1月1日(日)


国見山(くにみやま)に初日の出を見に行ってきました。

fc2blog_20170101170534329.jpg



2:00 自宅を出発・・・途中コンビニでトイレ休憩。この後トイレはありません。


4:20 駐車場に到着。 ヘッドライトをつけて出発~♪


5:35 動物の足跡発見  下の写真右側  左端は登山道です。

fc2blog_20170101172901bcf.jpg



6:15 休憩小屋の横を通り抜けて

fc2blog_20170101172930192.jpg



6:25 国見山頂上到着~♪  まだ真っ暗

fc2blog_201701011729509cd.jpg



6:40 少し明るくなってきました。 低いところに雲海が出ています

fc2blog_201701011730074e2.jpg



7:00 日の出はもうすぐ・・・残念ながら、東方向は木で遮られて見えにくい

fc2blog_201701011730442ef.jpg



7:10 空は赤くなりましたが、厚い雲に覆われ日の出は見ることができず・・・


他にいた登山客6人は、「もう見えんなー」と言いながら帰っていきました。


気温は-5℃   風は少し吹く程度でしたが、手足の先が冷えて痛い

fc2blog_20170101173025a26.jpg



それでも、遠くの山々が見渡せ

fc2blog_20170101173147bb7.jpg



樹氷もキレイだったので

fc2blog_201701011732189f1.jpg



写真を撮っていると

fc2blog_201701012207505b7.jpg



7:20 少し空が晴れてきて、太陽が顔を覗かせてくれました・・・一枚目の写真参照


7:25 下山開始   友人と雪道をサクサク楽しく歩いて

fc2blog_20170101173240c86.jpg



9:05 駐車場に戻ってきました。

fc2blog_20170101221555050.jpg



さっそく、車のトランクで朝食の準備・・・


市販のおでんを温め、おもちと里芋を入れました。車海老と柿の葉すしも美味しかったです。

fc2blog_201701011733235e4.jpg



キレイな景色を見ながら食後のコーヒー  この後シュークリームとおかきも食べました~

fc2blog_2017010117334308f.jpg



下の写真は、4本爪の簡易アイゼンです。


雪道が氷になったので装着したら、ザクザクと突き刺して滑り止めになり安心して歩けました。

fc2blog_20170101173302a07.jpg




水耕栽培ランキングへ



次郎笈登山「奥槍戸まで往復したよ」編

とんすけと剣山スーパー林道で、奥槍戸に次郎笈(じろうぎゅう)の登山口をみつけたので~


「剣山→次郎笈→奥槍戸往復」をしてきました。


11月12日(土)


9:00 見ノ越駅にある剣神社の鳥居をくぐって出発~♪


11:10 剣山頂上到着~♪  徳島県最高峰 1955メートル制覇

fc2blog_20161207152247119.jpg



剣山から見た次郎笈です。 尾根道が美しい

fc2blog_20161207152309ba8.jpg



11:15 次郎笈をめざして・・・最初は岩ゴロゴロの道を下ります。

fc2blog_20161207152337ce3.jpg



11:50 途中で振り返った景色です。剣山から尾根道を歩いてきました~♪

fc2blog_20161207152356e2e.jpg



12:25 分岐点

fc2blog_20161207152436fc3.jpg



右へ行けば、三嶺縦走路  

fc2blog_201612071524144a4.jpg



まっすぐ進めば、次郎笈  

fc2blog_20161207152459160.jpg



12:30 次郎笈頂上到着~♪  1930メートル制覇

fc2blog_20161207152538f06.jpg



次郎笈頂上は賑わっていたので、奥槍戸方面に少し下って休憩

fc2blog_2016120715260656c.jpg



ここからは、剣山から次郎笈に続く尾根道を、横から見ることができました

fc2blog_20161207152628b9e.jpg



12:55 奥槍戸めざして・・・最初は大岩ゴロゴロの激下り

fc2blog_2016120715271957b.jpg



次はトラバース道・・・所々侵食して道が足幅ぐらいに細くなっていました。危険

fc2blog_201612071527447bb.jpg



その後、森林の中へ

fc2blog_20161207152844300.jpg



13:55 一瞬、開けた場所に出て~  また森林の中へ

fc2blog_2016120715290549f.jpg



14:05 まっすぐ進んでしまいそうになった場所。横に置いた木に巻いた黄色のテープが目印

fc2blog_20161207153451871.jpg



14:10 奥槍戸の駐車場が見えてきました。

fc2blog_20161207153654328.jpg



14:30 奥槍戸到着~♪

fc2blog_2016120715373845a.jpg



剣山トンネルは、通行止め

fc2blog_20161207153839e77.jpg



赤い屋根の「奥槍戸山の家」は営業中で、観光客はちらほら  数台の車が停まっていました。

fc2blog_20161207153821226.jpg



駐車場の端にある休憩所で昼食・・・お湯を沸かして金ちゃんラーメン、食後のコーヒー

fc2blog_20161207153900833.jpg

 

15:20 次郎笈めざして・・・登り返します。


途中、トラバース道でいきなり前転倒しました。何につまづいたのだろうと思ったら・・・


後ろを歩いていた友人いわく、左足に自分の右足を引っ掛けて転んだとのこと


そのうえトレッキングポールを前に出せてないので支えにならなかったそうです。 ヨロヨロー


友人の観察力に感心しながらも、前に倒れたのでまだよかったですが、横に倒れたら


斜面から転げ落ちてしまっただろうと思ってぞっとしました。


17:30 次郎笈頂上まで戻ってきました~♪ 

fc2blog_2016120715394436b.jpg



ほのかに染まった夕焼けがきれい

fc2blog_20161207154003b76.jpg



ヘッドライトをつけて下山開始

fc2blog_201612071540477c8.jpg



今宵は満月  スーパームーンの2日前でした。

fc2blog_2016120715413498c.jpg



18:15 次郎笈トラバース道分岐へ

fc2blog_2016120715415425e.jpg



18:35 トラバース道を通っていくと・・・いきなりの通行止め

fc2blog_20161207154236927.jpg



少しまわり道をして

fc2blog_201612071542554f9.jpg



御神水(ごじんずい)へ

fc2blog_20161207154313c21.jpg



さらに、大剣神社へ・・・ベンチで休憩

fc2blog_20161207154331e1b.jpg



19:20 西島駅へ・・・ベンチで休憩  

fc2blog_2016120715435257e.jpg



この時ヘッドライトのバッテリーがあまりないことに気づいたので、どんどん下って~


20:10 見ノ越駅の剣神社に到着~♪ 無事下山  

fc2blog_20161207154411381.jpg



今回のルートです。

fc2blog_20161207154456f10.jpg



歩行距離:12キロ  累積標高差1230メートル  歩行時間:休憩を含めて11時間の長旅でした

fc2blog_2016120715451786b.jpg




水耕栽培ランキングへ