2014年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
      

≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

たまねぎの水耕栽培⑤肥大

ペットボトル水耕栽培のたまねぎです(^◇^)


葉数が増え、葉が太くなってきたので





根元を見たら、少し肥ってました よかった~(^∇^)





根が肥大するためには、長日条件が必要らしいので


これからの季節が楽しみです





今日の収穫~♪


セロリとスイスチャードと





芽キャベツ2種類です(*^^*)



スポンサーサイト

ねぎの水耕栽培③定植

タネ蒔きして10日目で発芽率10%だったねぎですが


そのまま置いていたら、17日目で発芽率は40%になり定植しました





3月23日にタネ蒔きしたねぎも、ちらほら芽が出ているので


順次定植して、室内の窓辺で一緒に育てます(^∇^)





山の景色です 山桜が咲いて~




新緑が濃くなってきました。うぐいすも鳴き出し、春の訪れを告げているようです(*^^*)




みつまたの花

みつまた畑をみつけました





車で山道を走っていると、黄金色に輝いている場所があり


キレイな~と思って見ると、みつまたの花でした(^∇^)





花は下向きで、三つに分かれた枝の先に白い花がついています。


ちらっと黄色が見えるのは~





花の内側が黄色だからです。黄金色に輝いて見えたのはこの黄色のせいかも(^^)v





みつまた畑の上の道には、しだれ桜があり、これまたキレイでした(*^^*)





その桜の木の下には紫花が群生して・・・もう春ですね~♪







*みつまたについて*


以前、みつまたで1万円でも紹介しましたが


樹皮は和紙の原料として利用されます。


みつまたを原料とした和紙は、光沢があり丈夫でしなやかで


1万円札など紙幣の原材料のひとつになっています。


みつまたは、その名の通り、枝が必ず3本ずつ出て三つ又に分かれています。不思議~( ̄▽ ̄)


木は、樹高1~2メートルで、冬に葉を落とす落葉性です。


早春になると、枝先に小さな花がまとまって半球状に咲きます。ちょっと蜂の巣に似てます。


花は下向きで、外側が白色で内側が黄色で、よい香りがします。


昔、みつまたは山の貴重な収入源でした。


冬になると、みつまたを切り、皮を剥いで、出荷していたそうです。


すごいですねー(^◇^)

スカスカの芽キャベツ

液肥巡回式装置で、芽キャベツ2種類を育てています(^∇^)





<結球性の芽キャベツ>…上の写真 右側 70センチ


去年の8月に苗を定植して7ヶ月、ついに芽キャベツが大きくなってきました


でも、ちょっと様子が変(・・?)


結球してなくて、スカスカなのです( ̄▽ ̄)





そのうえ、本葉をカットした下の方の芽キャベツは小さいままです( ̄◇ ̄;)





んー


どうやら、結球性芽キャベツの栽培は、失敗したようですねー(>_<)


結球しなかった原因はわかりませんが( ^ ^ )/□


下の方の芽キャベツが大きくならなかったのは


本葉をカットするタイミングが早すぎたのかなーと思います┌(; ̄◇ ̄)┘





<非結球性芽キャベツ>…上の写真左側 85センチ


プチヴェールは、上から見ても





横から見ても美しい~♪





本葉を大胆にカットしていますが、形のいい芽キャベツができているので





プチヴェール栽培は、成功したようです( ´ ▽ ` )ノ





今日の収穫~♪


左側が初収穫の芽キャベツで、右側が3回目の収穫をしたプチヴェールです。





塩ゆでして試食したら~





どちらも、キャベツの香りが爽やかで、とても柔らかく、美味しかったです(*^^*)

大根の水耕栽培⑦初収穫

ペットボトルで大根を育てていましたが、葉が黄色くなってきたので





根元を覗いてみたら、大根が裂けていましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ


タネ蒔きして4ヶ月、収穫時期は過ぎていたのですが~


5センチしか育ってなかったので、そのまま置いていたせいかもしれません( ̄▽ ̄)


小さいですが、とりあえず収穫して





皮をむいたら、中は真っ白でキレイでした よかった~(^∇^)





軽く塩をふって、試食してみたら





ちょっと固めで、大根の香りや辛味が少なかったですが


前から作ってみたかったペットボトル大根なので、感慨深いです(*^^*)


下の写真は、1月末にタネ蒔きしペットボトルに定植したものです 2回目挑戦中~♪



液肥巡回式装置の管理③水洩れ

順調だった液肥巡回式装置が、水洩れしてしまいました。床が濡れてます。





製作者の夫に見てもらったら、以前紹介したセロリの水耕栽培③大きな株





セロリの根が大きくなりすぎ、パイプを塞いて排水できず上から溢れてしまった…とのことでした。




びっくりです┌(; ̄◇ ̄)┘ 


残念ですが、セロリの大株を撤去しました


茎が断熱材の穴に食い込んで取れません。ここは永久欠番になりそう…





撤去したあとには、切れた根がたくさん浮いていました。





液肥巡回式装置は、その名の通り、液肥(液体肥料)をポンプで巡回させているので


切れた根が巡回してポンプの中に入ったら、故障の原因になると思い





フィルターとして網をつけました さっそく効果あり、これまたびっくり~(^◇^)





下の写真は、液肥巡回式装置の様子です。


冬の間、1号は使いませんでしたが、液肥は巡回してるので、こちらもフィルターをつけました(^^)v







今日の収穫~♪


当然ながら、大株のセロリです(*^^*)






ねぎの水耕栽培②タネ蒔き

ねぎのタネ蒔きをして10日経ちましたが、全く変化ないので(・・?)





スポンジをよーく見たら、5個のタネから白い芽が出てました。よかった~(^∇^)





さっそく定植しました 


下の写真はその様子ですが、少し大きくなっているのは去年の10月にタネ蒔きしたものです。


液体肥料を交換し、エアポンプを追加して、サンルームで育てます。





ねぎの袋には「発芽日数6~8日 発芽率75%以上」と書いてありますが


今のところ発芽率10%しかないので、またタネ蒔きをしました(^^)v





今日の収穫~♪


セロリと





はつか大根と、非結球性芽キャベツのプチヴェールです(*^^*)




液肥巡回式装置の水温調節⑥ヒーター中止

真冬の低水温対策として、熱帯魚用のヒーターで水温を15℃に保ってましたが


暖かくなってきたので、数日前ヒーターを止めました


今朝は風が冷たく曇り空で、サンルームの気温は10℃しかありませんが


水温は13℃あったので、このままヒーターを中止してもよさそうです(^^)v







下の写真は、液肥巡回式装置の野菜と、定植した人参の様子です(^∇^)


天井から桜の花が見え、殺風景なサンルームが少し華やかになりました~



芽キャベツと茎ブロッコリー⑨ブロッコリー終了

<芽キャベツ>

非結球性のプチヴェールに、頂花蕾がつきました。葉がバラのようで美しいですね~♪





本葉の付け根にあるわき芽が、2~3センチになったら収穫するのですが





ちょっと大きくなりすぎたようです。





初収穫しました 小さい方がちょうどいい大きさです。





大きくなった本葉もカットしました。これは青汁にしたり野菜炒めにできるそうです(^∇^)







下の写真は、結球性の芽キャベツです 上側の葉が丸まっているので~





覗いてみたら、頂花蕾ができてました。





本葉の付け根には、小さい芽キャベツがたくさんついています(^◇^)





こちらも本葉をカットしました。





芽キャベツは~


本葉を使わないと効率が悪すぎなので


今回は料理に使うことにしました(*^^*)





<茎ブロッコリー>

5回目の収穫をして終了しました





茎ブロッコリーは、思ったより収穫量が少なかったです。


液肥巡回式の水耕栽培は、栄養が足りなくなることはないので


わき芽をカットせずに育てたのが原因かもしれませんが、よくわかりません( ^ ^ )/□





ついでにセロリとスイスチャードも収穫したら





ギュウギュウだった野菜スペースが





なんとも情けない感じになってしまいました( ̄▽ ̄)





しかし、これではまだ甘いのです┌(; ̄◇ ̄)┘


さらに


とう立ちしないよう、芽キャベツの頂花蕾をカットしました(^^)v







キャベツの水耕栽培①定植

タネ蒔きして8日目のキャベツ(あまみさき)です(^◇^)





発芽したので、プラスチック容器に定植しました





室内の窓辺と





サンルームで育ててみます(^∇^)



野生の猿

最近、野生の猿の話をよく耳にします。


栽培している椎茸を採りにきた・・・


畑の大根を、口と両手に一本づつ持ち、一度に3本運んでいた・・・


猿6匹が柚子を食べていた・・・


など、食害に関する話題が多いのですが~


「わたしも野生の猿を見たいなー」って思っていたら


雪が降ったり止んだりの夕方


山の国道沿いの木がわっさわっさ揺れているので


ふと見たら


小さな猿が木の上にいて、車を停めたわたしの方を見ていました~(^∇^)


毛はふさふさで、動物園の猿よりはるかに可憐で可愛かったです(*^^*)


「こんな寒い日にどうしたのかなー? エサを探しにきたのかなー??」


と思いつつ


「あんまり目立つところに出てきたらあかんよ」


と、猿に言いたくなりました。


なぜなら


市の駆除対策で「猿一匹3万円」で取引されているからです。


猿は賢いので、ワナにはかからないから矢で狙う・・・


ワナにかかった猿を目立つところにおいていたら、猿が来なくなった・・・


そんな話も聞き


野生の猿が増えすぎたら困りますが


猿の被害を受けていないわたしは、猿の無事を祈っています(^^)v


見かけたのは、こんな感じの猿でした これは参考写真です。

猿

チンゲンサイの水耕栽培④定植

2月にタネ蒔きしたチンゲンサイを、プラスチック容器に定植しました





一株だけ大きいのがありますが、これは知らない間に大きくなっていました(^◇^)





液体肥料に藻が発生していないので、根は真っ白でキレイです~








今日の収穫~♪


上の写真のチンゲンサイと





おなじく窓辺で育てているチマサンチュです





人参の水耕栽培⑥定植

2月にタネ蒔きした人参を、プラスチック容器に定植しましたシワシワ~( ̄▽ ̄)





使用している容器は、去年じゃがいもの水耕栽培に使ったものですが


厚さ3cmの断熱材を貼ってるので、完全に遮光できます


液体肥料は8リットル入り、穴があるのでビニール袋で覆って塞ぎました。





それから


ペットボトルにも定植してみました





今日は、風が冷たく寒い一日でしたが


これから気候がよくなると思うので、どちらもサンルームで育てます(^^)v


ねぎの水耕栽培①初収穫

去年の10月にタネ蒔きしたネギ(浅黄系九条)です





こちらは、去年の11月にタネ蒔きしました





どちらもなかなか大きくならないので


ネギは、水耕栽培に向かないのかな~(・・?))と思いましたが


タネの袋に「11月にタネ蒔きしたら収穫は5月」と書いてあったので


特に遅いわけではなさそうです(^◇^)


1本だけ収穫しました。少ないですがネギ初収穫です(*^^*) 





また、半年後の収穫目指してタネ蒔きしました







*ネギの育て方*タキイのホームページ参照


発芽適温は、18~20℃ 発芽最低気温4℃ 発芽最高気温33℃


種子の寿命は最も短命


生育適温は、16~20℃


乾燥には比較的強く、多湿には極めて弱い性質


土壌酸度は、PH5.7~7.4であれば正常に生育する


酸素要求量が多い野菜とあったので


水耕栽培では、エアポンプを使ったらいいかもしれませんね~(^^)v





今日の収穫~♪


春の陽気で咲いてしまったスティックセニョールと、はつか大根と





チマサンチュです どれも水耕栽培で育ててます(^∇^)




人参の水耕栽培⑤発芽率

人参(黒田五寸陽彩)のタネ蒔きして2週間経ちました(^◇^)


タネの袋には「有効期限13年12月」「発芽適温 約25℃」と書いてあったので


夜間には気温が6℃まで下がるから「発芽しないかも~」と思いつつタネ蒔きしてみました。


<タネ蒔き方法>

❶昼間は窓辺で、夜間はエコ発芽器使用…今のところ発芽率50%





❷昼夜とも窓辺に置いていた…今のところ発芽率35%





下の写真の


❸右側は水耕栽培でスポンジにタネ蒔きしたもの


❹左側はプランター栽培で土にタネ蒔きしたもの


どちらも昼夜とも窓辺に置いていましたが、ばらまきしたので発芽率は不明





<結果>

❶と❷を比べた結果は、自作したエコ発芽器を使用した方が、発芽率がよかったです(^^)v


大根の水耕栽培⑥自力で修復

最近、ペットボトル大根の葉が、次々と枯れてきました(・・?





根は褐色で、液体肥料は白く濁っていて、しかも大根のきつい匂いがします( ̄◇ ̄;)





とりあえず、窮屈そうな根元のスポンジを取り除いてみたら





あら?


スポンジの中から出てきた大根は、真っ白~♪


大根の水耕栽培③スポンジのときは、傷だらけだったのに


大根は、自力で修復できるんですねー


すごい(^∇^)

たまねぎの水耕栽培④サンルームに移動

たまねぎを、室内からサンルームに戻しました(^◇^)


まだ寒いですが~


誰かのブログで…ブログタイトル忘れてしまいました。すみませんm(_ _)m


水耕栽培のたまねぎが、雪を被っても枯れてなかったので


大丈夫かなーと思います(^∇^)






1本だけで、しかもまだ全然肥ってませんが( ̄▽ ̄)


ペットボトルで、たまねぎが出来たらおもしろいなーと思って育てています(*^^*)

チマサンチュで昼食

チマサンチュを収穫して





スープとサラダを作りました





スープには、水耕栽培のチマサンチュ、セロリ、はつか大根のほか


ワカメ、もやし、タマネギ、卵、ウインナーを入れてます。


サラダは、チマサンチュ、キウイ、スモークサーモンに、マヨネーズをかけ


思いのほか、ヘルシーな昼食になりました(^∇^)

はつか大根の水耕栽培⑦収穫

1月にタネ蒔きしたはつか大根が、大きくなりました(^◇^)


左側は4センチ、右側は3.5センチあります





収穫してみたら





大きい方にはスが入ってました( ̄◇ ̄;)





はつか大根の水耕栽培⑥育て方の比較で3センチで収穫したときは、スが入ってなかったので


はつか大根の大きさは、3センチくらいが限界かなーと思います


では、さっそく試食(*^^*) 何もつけずに食べてみました。


スが入ってない方は、大根の辛味と甘みがあり





スが入っていた方は、辛味が少なくマイルドな味で、案外食べやすかったです(^∇^)





そして


今回、藻が発生してました(>_<)


前回、同じ容器で作ったときは発生しなかったので


光不足に対する藻の耐性が強くなったのかもしれません┌(; ̄◇ ̄)┘