fc2ブログ

2022年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2022年10月
TOP四国八十八ヶ所参り 順打ち区切り ≫ 第6番札所 安楽寺(あんらくじ)

第6番札所 安楽寺(あんらくじ)

秋分の日に、四国八十八ヶ所参りの第6番札所 安楽寺に行ってきました。


山門をくぐると





正面に本堂が見えました。





本堂と





その中の様子です。白い布が目立つので何かと思ったら





この布は、薬師如来像の右手と





本堂正面の柱を繋いでいて、この布を触ると薬師如来と繋がることができるそうです。





「溺れる者は藁をもつかむ」と言いますが、薬師如来像の布なら最強ですね(*^^*)


大師堂と





その中の様子です。





弘法大師行脚立像です。一見怖そうですが、近くで見ると優しい目をしていました。





境内に、樹齢1200年の「さかまつ」がありました。





さかまつ??


裏側に回ってみましたが、特に変わった様子はありません~(・・?))





ネットのウィキペディアによると


修行中の弘法大師を、漁師が猪と間違って矢で射たが、矢は松に刺さって事なきを得たので


弘法大師は、射抜かれて折れた松を逆さに植え


「この松が栄えたならこの地を訪れたものは厄災を免れるだろう」と予言した


とのことです。それで「さかまつ」という名前がついたんですねー(^.^)


また、寺伝によれば


弘仁6年(815年)…現在地より2キロ離れた安楽寺谷に弘法大師が堂宇を建立した


天正年間(1573~1592年)…長曽我部元親の兵火により焼失


万治年間(1658~1661年)…現在地に再建される


とあります。


そしたら、樹齢1200年の「さかまつ」は移植したのかなー??


とふと思いましたが、1200年の歳月を思うとそんな疑問はかき消えてしまいました・・・



人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます

スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL