fc2ブログ

2024年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2024年05月
TOP四国八十八ヶ所参り 順打ち区切り ≫ 第68番札所 神恵院(じんねいん)・第69番札所 観音寺(かんのんじ)

第68番札所 神恵院(じんねいん)・第69番札所 観音寺(かんのんじ)

5月19日(金)


第67番札所大興寺から、第68番神恵院・第69番札所観音寺へ・・・11キロ 20分


68番と69番は同じ敷地内にありますが・・・


グーグルナビでは、68番を設定したら小高い山の中にある「銭形展望台」近くの駐車場に案内し


69番を設定したら、山門横の広い駐車場を案内するようです・・・(今気づきました!!)


13:00 68番札所を設定したため、「銭形展望台」近くの駐車場に到着~♪


「68番神恵院 69番観音寺」の標識を見て、細い坂道を下って

fc2blog_2017080218224512f.jpg



「薬師堂」へ

fc2blog_20170802182758736.jpg



「薬師堂」は境内の一番上にあり、長い石段を下りなければならないため、母はここで待機

fc2blog_20170802182817a5a.jpg



まずは68番札所へ・・・

fc2blog_201708021828348f2.jpg



本堂と

fc2blog_2017080218285199a.jpg



大師堂です。

fc2blog_20170802182908b97.jpg



次に、第69番札所観音寺へ・・・


本堂と

fc2blog_20170802182926f3e.jpg



大師堂です。

fc2blog_20170802182944e83.jpg



お遍路ポータル」より


第68番札所

この68番札所と、次の69番札所七宝山観音寺は、同じ敷地内にある。 共通の山門から上がり、左右に寺院がある。 また、納経所は1ヶ所共通である。 この地で修行中の、法相宗の日証上人が船の上で琴を弾いていた老人から八幡大明神のお告げを受け船と琴を祀って琴弾八幡宮を建てた。 後に、訪れた弘法大師が本尊を祀り、寺の今の名に改めた。 明治時代になり、神仏分離令の際に琴弾八幡宮の本尊が69番札所・観音寺の西金堂に移され、境内にふたつの霊場が並ぶことになった。 なお本堂は、コンクリート造りの建物で一風変わった様相を呈している。


第69番札所

七宝山観音寺は、68番七宝山神恵院と同じ敷地内にある。 共通の山門から上がり、左右に寺院があり、納経所は1ヶ所共通である。 観音寺は、当初「神宮寺」という名だったが、弘法大師が本尊を安置した時に、寺名を観音寺にし霊場に定めた。 もともと琴平八幡宮の神宮寺たったが、明治の神仏分離令により八幡宮と分けられ、八幡宮の本尊が69番七宝山観音寺に、また八幡宮から独立し68番七宝山神恵院となったために、同じ境内に2箇所の札所が存在する。 なお、本堂は室町時代のもので、神恵院のモダンな造りとは一線を画している。




水耕栽培ランキング


スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL