2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

LED水耕栽培⑦越冬ナス、終了

去年の5月29日にタネ蒔きした、越冬ナスです。


タネ蒔きから1年5ヶ月・・・


室内栽培で、ホームハイポニカぷくぷくに定植し、LED水耕栽培しています。

fc2blog_20170815125213ca8.jpg



今年の5月には、きれいなナスを初収穫したのですが~


その後、葉ばっかり茂って実が大きくなりません 


ナスは多年草なので、越冬できれば何年も育てられそうですが・・・


あまりにも収穫量が少ないので、撤収することにします✋




水耕栽培ランキング



第75番札所 善通寺(ぜんつうじ)

6月2日(金)


第74番札所甲山寺から、第75番札所善通寺へ・・・2キロ 5分


善通寺は、弘法大師誕生の地に建つ東西2院の広大なお寺です。境内は4万5000㎡


唐から帰国した弘法大師が先祖の弔いのため建立。寺号は大師の父である佐伯善通にちなんだもの。


高野山、東寺とともに弘法大師三大霊跡のひとつに数えられる札所です。


12:50 駐車場に到着~♪


小さな橋を渡って

fc2blog_20170814093607037.jpg



境内へ

fc2blog_20170814093626170.jpg



もうお昼を過ぎていたので、大師堂前の売店でお菓子を買ってベンチで休憩してから

fc2blog_20170814093720d3e.jpg



さらに進んで

fc2blog_20170814093803acb.jpg



本堂へ

fc2blog_20170814093820138.jpg



本堂前にある、「本尊 薬師如来」像と

fc2blog_20170814101847bb3.jpg



五重塔です。 荘厳!!

fc2blog_20170814101510f15.jpg




来た道を戻って

fc2blog_201708140938431de.jpg



大師堂へ      母とゆっくり歩いて、無事にお参りすることができました。 

fc2blog_20170814101219c77.jpg



帰り道・・・


お気に入りの店「うどん本陣山田家本店」で昼食。 上天丼定食が美味しかったです~

fc2blog_201708140939420b3.jpg




水耕栽培ランキング



第74番札所 甲山寺(こうやまじ)

6月2日(金)


第73番札所出釈迦寺から、第74番札所甲山寺へ・・・3キロ 5分


12:20 駐車場に到着~♪


山門をくぐり

fc2blog_20170813155033f58.jpg



さらに中門をくぐって

fc2blog_2017081315505051f.jpg



本堂と

fc2blog_20170813155106b7c.jpg



大師堂へ

fc2blog_2017081315512137a.jpg



甲山寺-Wikipedia」より


伝説では、壮年期の空海が寺を建立しようと幼きとき遊んだこのあたりを探索していると老翁が現れ、この地にお寺を建立すべしとお告げをした。この地の岩窟に住む毘沙門天の化身と悟った空海はこの岩窟に毘沙門天を祀った。 その後、嵯峨天皇の勅命を受け別当として満濃池の修築を命じられた空海は、この地で薬師如来を刻み修法すると数万の人々が集まり、無事に築造を完成に導いた。弘仁12年(821年)その功績に対して朝廷から二万銭が与えられ、その一部によって堂を建立したのが当寺の始まりであるという。




水耕栽培ランキング


第73番札所 出釈迦寺(しゅっしゃかじ)

6月2日(金)


第72番札所曼荼羅寺から、第73番札所出釈迦寺へ・・・0.5キロ 1分


山門下の駐車場から境内までは距離があるので(徒歩3分)、お寺の上側の駐車場に行ってみたら


途中どんどん道幅が狭くなり、しかも急勾配だったので脱輪しないかとヒヤヒヤしました


12:00 なんとか駐車場に到着~♪

fc2blog_20170812194542213.jpg



しかし、石段があったので用心して母は車の中で待機。 わたしだけで行ってきました。

fc2blog_20170812194602d9d.jpg



本堂と

fc2blog_201708121946350a8.jpg



大師堂です。

fc2blog_20170812194619ec2.jpg



お遍路ポータル」より


寺の背後にある我拝師山(481m)に登り「願いが叶うなら霊験を、さもなければこの身を仏に捧げます」と断崖から身を投げた。 すると釈迦如来と天女が現れ大師を抱きとめたという。 その後、大師がここを再度訪れ釈迦如来を刻んで本尊とし出釈迦寺を開いた。 大師が身を投げた場所は「捨身ヶ嶽定」と呼ばれ出釈迦寺の奥の院になっている。寺から二キロ近くの道のりだ。険しい道のりだが眺めは格別だ。




水耕栽培ランキング


第72番札所 曼荼羅寺(まんだらじ)

6月2日(金)


徳島県の自宅から実家経由して、香川県の第72番札所曼荼羅寺へ


11:25 駐車場に到着~♪


山門をくぐって

fc2blog_2017081118325616c.jpg



本堂と

fc2blog_201708111833543c3.jpg



大師堂へ

fc2blog_201708111834172fa.jpg



下の写真は、松食い虫に浸食され、平成14年に伐採された、樹齢1200年を越す「不老松」跡です。

fc2blog_201708111834566e7.jpg



不老松は・・・

高さは4m足らずでしたが直径が17〜18mもあり、菅笠をふたつ伏せたような印象的な姿で

県の自然記念物にも指定されていました。その伐採した幹に刻んだ弘法大師座像=笠松大師です。

fc2blog_20170811183512417.jpg



お遍路ポータル」より


四国霊場ではもっとも古い歴史を持つ。もともと6世紀頃「世坂寺」という名で讃岐領主の佐伯家の氏寺だった。 その後、弘法大師が母親・玉依御前(たまよりごぜん)を弔うために訪れた。本尊を祀り、金剛界・胎蔵界の曼荼羅を奉納した。 これにちなんで、曼茶羅寺という名になったと言われている。 平安時代末期の歌僧・西行法師が曼茶羅寺の近くの「西行庵」に滞在した際、しばしばこの寺を訪れていたという。今でも境内には、西行が昼寝をしていたと言われる「昼寝石」が残っている。




水耕栽培ランキング


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビタセラ・ワン 浴槽用脱塩素剤 90日分
価格:1260円(税込、送料別) (2017/8/11時点)